« おでき・疖(せつ)1 | Main | おでき・疖(せつ)3 »

おでき・疖(せつ)2

文××,男,55歳。
頭項部に疖腫ができ,あちこちに3~4から7~8ケが出たり引っ込んだりしてもう2年になる。
先ず西薬を1年以上用いて治療したが効かず,后で又中薬の清熱解毒剤を8ケ月も配合してもらったがやはり効かなかった。
疖腫が項部にあると共に,頭暈頭重もあり,時には眩暈のあまり立っていられず,悪心嘔吐し,且つ日毎に健忘と乏力になり,神情は呆癡のごとく,食欲は減り,舌苔白く,脈は濡緩である。
脈証を綜合すれば:脈濡緩で,且つ久病不愈なら,気陰両虚,痰鬱気結,鬱而化火である。治は補気養陰,理気化痰が宜しい。
 十味温胆湯加減(黄芪15 当帰・麦冬・党参・五味子・竹茹・枳実・半夏・陳皮・茯苓・甘草・菖蒲・遠志・生地10)
服薬4剤にして,ただ頭暈頭重,神疲乏力,健忘失眠,納呆食減は倶に減っただけでなく,疖腫も亦明らかに改善した,継服10剤もすると,疖腫は全部消失し,他の症も亦七八割方減った,又服すること25剤で,諸証は全て消えた。
 某医云わく:諸書はみな疖腫は火毒だという,若し病久しく愈えざる者は気血倶虚が本で,熱毒は標だと云う。然し先用した抗生素,清熱解毒の方薬が効かないのなら,后用の補気養血,清熱解毒も同じく無効なのではないか?
答えて曰く:本病を脈証から看ると,一方では気陰倶虚があり,一方では痰鬱火毒がある,前用した治火の諸方には化痰理気,補気養陰がない;気陰倶虚者を治すのに,理気化痰がなくては,鬱火は解けない,ただ清降だけでは,何が散らせるのかね?
   中医临证经验与方法 より
※虚証では清熱解毒だけでは効果が出ない。補気養陰や理気化痰の薬が熱毒を解す役割を担う。

|

« おでき・疖(せつ)1 | Main | おでき・疖(せつ)3 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おでき・疖(せつ)2:

« おでき・疖(せつ)1 | Main | おでき・疖(せつ)3 »