« 脚癬(みずむし)1 | Main | 地黄飲子1 »

脚癬(みずむし)2

 鄭××,女,50歳。両足の足縫が湿爛奇痒となり2年になる。医診では脚癬と。この数ケ月来次第に重くなっている。
先ず西薬治療を6~7日して,病情は反って更に重くなり,后に又中薬の燥湿止痒剤を外塗したが,湿爛奇痒の面積はあっという間に拡大した。
又某医では先ず加減三妙散を,后には加減萆薢滲湿湯を7~8剤服用したが,湿爛痒痛は拡大するばかり。
両足の趾縫、足蹠、足跟、足背の両側はみな痒痛湿爛しており,足全体が紅腫して地に触れられず,極めて臭穢であり,足心は熱痛して忍び難い,舌苔白く,舌質は淡,脈は沈細尺弱。
脈証を綜合して:湿爛の証とは湿熱であり,湿熱の証なら除湿清熱にて治せるはずなのに,効かないのは何故か?
《内経》に曽つて云わく:謹しんで病機を守り,其の部位を司っても,合うものと,合わないものがある。
此の病は足蹠に発っする,足蹠とは肝腎の主る所なり,湿爛の多くは湿熱に属するが,然し脈が沈細で尺弱,舌質が淡なら,腎気不足である。故に先ず補腎の必要がある。陽が復すれば湿は化して病は愈える。
 十味地黄湯(生地24 山薬12 五味子・茯苓・沢瀉・丹皮・附子・肉桂9 元参・麦冬15 車前子12 懐牛膝10)
服薬1剤で,両足の湿爛,紅腫痒痛はみな改善しはじめ,継服8剤で,愈えた。
 某医云わく:湿脚気は諸書ではみな脾胃の湿熱下注だと云い,主用するのは萆薢滲湿湯加減である,しかるに本証では無効だった;十味地黄湯は腎虚虚火上浮を治す処方である,今此の証に用いて効いたのは,何故ですか?
答え:湿熱の証に化湿清熱、燥湿清熱、利湿清熱を採用するのは,間違いなく正しい治療方法です,しかし湿熱の証には湿熱の邪による者と,正虚から湿熱が内生する者とがあります。若し湿熱の邪による者なら,其の湿熱の邪を除くべきです;若し正虚から湿熱が内生する者なら,扶正を以って邪を除かなければなりません。そうしないで若し湿熱者を扶正すれば必ずや邪気は更に熾しくなります,正虚者に祛邪を行えば必ずや正は傷つき邪は除かれません。補正を以って除邪湿法をするには,補腎と,補脾の別があります,若し腎虚に湿熱を兼ねれば,多くは陰陽倶虚である,故に十味地黄湯を以って補陰益陽,滋陰降火したのです。
   中医临证经验与方法 より
※寒変じて陽虚の熱となる。みずむしに対してさえも中医の理論は治療法を提供してくれる。

|

« 脚癬(みずむし)1 | Main | 地黄飲子1 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脚癬(みずむし)2:

« 脚癬(みずむし)1 | Main | 地黄飲子1 »