« おでき・疖(せつ)2 | Main | 四七湯 »

おでき・疖(せつ)3

鄭××,男,25歳。
面、頚、肩、臂に疖腫ができ,出たり引っ込んだりしてもう2ケ月になる。
先ず西薬治療を1ケ月して効かず,后に又中薬の清熱解毒剤を1ケ月近く配合したが,やはりあちこちから出てくる。
面、額、頚、項に数ケ紅棗大ほどの疖腫があり,其の中前額の2ケは已に破潰して膿が出ており,其の他の疖腫はみな紅腫疼痛し,且つ頭暈頭痛,煩躁易怒,小便黄,大便干,舌苔黄干,脈弦数である。
脈証を綜合すれば:弦数とは,肝胆実火である;舌苔黄干,大便秘結とは,陽明実熱である。合わせると,乃ち心肝胃火の為すところ。治は清肝瀉火に宜し。
当帰竜薈丸加減(川芎・当帰・防風・竜胆草・大黄10 元参15 羌活6)。又:牛黄解毒丸を水に溶かして局部に塗る。
6日間の薬で,疖腫は消失した。
 某医云わく:私が抗生素と中薬の清熱解毒剤を久用して効かなかったのに,先生が僅少量の清熱瀉火薬を用いると治ったのはどうしてですか?
答えて曰く:清熱解毒剤は疖腫を治すには有効な方法の一つです,然し疖の多くは火です,火邪は瀉さなければなりません,ただ解毒しただけでは効きません、これが一つ;火には臓腑経絡の別があります,若し妄りに瀉火を施しても,臓腑を分けなければ,いくら解毒しても効きません、これが二つ;治火に下剤を用いる,通便瀉火が無ければ,いくら解毒しても効きません、これが三つ。
三者が倶備すれば,効かない訳が無いでしょう? 
今私が用いた少量の解毒薬が効いたのは,一つには瀉火があり,二つには経絡臓腑の分があり,三つには通下大便があるからです。
   中医临证经验与方法 より
※実火はまさに瀉すべし。火邪と毒邪は違うのか!

|

« おでき・疖(せつ)2 | Main | 四七湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おでき・疖(せつ)3:

« おでき・疖(せつ)2 | Main | 四七湯 »