« 早朝頭痛 | Main | おでき・疖(せつ)1 »

脳梗塞で意識不明

 董××,男,70歳。
意識を失い口も利けなくなって3ケ月。医診では脳血栓症と。
先ず西薬治療を20日して効無し,継いで又中薬の安宮牛黄丸、至宝丹を2ケ月飲ませたがやはり効無し。
症状は神昏不語,眼をつむり口を閉じ,いびきをかき,手足はふにゃふにゃ,二便を漏らし,舌苔は黄白で厚膩,脈は虚大弦滑。
目と口を閉じ,鼾をかき,二便自遺で,脈が虚大なのは,正気の大虚にして,五臓が絶えようとしている。
脈が弦滑なのは,まだ陽気があり,痰熱蒙蔽になっていることだ。
綜合すると五臓欲絶だが陽気があるから回復の機はある,ただ痰湿の邪気が阻鬱しているだけだ。
治療としては気陰を大補して扶正回元し,少し化痰開竅で其の邪を除いて佐けよう。(扶正祛邪)
処方:黄芪15 当帰・人参・麦冬・五味子・竹茹・枳殻・半夏・陳皮・茯苓・甘草・菖蒲・遠志10 知母6
連続して服薬すること15剤で,意識が少し戻り,時々眼を開き,口を開いて大小便をしたいと云うようになった。
此の時に某医は薬効の緩慢なのを嫌い,さらに安宮牛黄丸を毎日2丸づつ服ませたところ,2日后に意識が無くなり,大便を失禁するようになった。
私が会診して云く:此れは五臓大衰の候である,何故 克伐の薬などを飲ませたのか。すぐに安宮牛黄丸を去り、前の処方から知母を抜いた。
服薬すること15剤にして,意識が戻った。
   中医临证经验与方法 より
※同じような状態の親戚を看取ったことがある。その時には何もしてあげられなかったが、こんな方法があったとは。
また中風に牛黄製剤を奨める古くからの伝承にも、それは「克伐の薬」だから使う時を選べと忠告している。

|

« 早朝頭痛 | Main | おでき・疖(せつ)1 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脳梗塞で意識不明:

« 早朝頭痛 | Main | おでき・疖(せつ)1 »