« 肝鬱感冒 | Main | 肺炎1 »

春秋定例の感冒

孫××,女,40歳。
七、八年来,毎年春秋の二シーズンに決まって感冒にかかり,軽ければ五六日のを一回,重ければ二三日のを一回,毎回感冒の后で慌てて服薬して七八日かかって漸く緩解する。
最近二年余りは病情が次第に重くなり,中薬を用いて疏風解表、補気固表すること数百剤,西薬の胎盤グロブリンを五本,それでもはっきりとした改善は無い。
症状は頭暈乏力,時時噴嚏,口苦口干,食欲不振,心煩,口苦,舌苔薄白,脈弦緩である。
脈証を綜合し,諸医が与えた薬効と結びつけて,反復思考するに,少陽は胆に属し,胆は諸臓の主である,肝胆は互いに表裏を為す,肝胆の気が鬱結すれば,少陽春升の気は不安となり肺金に反克する,故に春秋二季に衛気不固となり外邪に感じ易くなる。
治には和解少陽,プラス調営衛が宜しい,柴胡桂枝湯加減を処方した。
 処方:柴胡・半夏・黄芩・党参・灸甘草・桂枝・白芍10 生姜3片 大棗7个
服薬三剤にして,諸証は消失した,其の后また毎年の春,秋二季には各々三剤を服薬することにし,三年もすると,中薬数剤で治るようになった。
   难病奇治 より
※柴胡桂枝湯は数日間飲めば良いのであり、安易に体質改善の目的で長く飲むものではない。

|

« 肝鬱感冒 | Main | 肺炎1 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春秋定例の感冒:

« 肝鬱感冒 | Main | 肺炎1 »