« 地黄飲子1 | Main | 地黄飲子3 »

地黄飲子2

智能発育不全 石××,男,6歳。
母の代訴:患児は已に5歳になるが,まだ数ケ月の小児の様相である。
頚部は軟弱で頭部を支撑できず;坐っても、爬っても、立っても同齢の小児よりも遥かに劣る。
両眼は常に凝視しており,手で物を握拿できず,腿は路を歩けない。
また話せないし,只簡単な音調で喜怒を表示するばかりで,舌は常に半ば口から出している。
これまでに北京、西安、太原等の医院に求治して,遺伝性智能発育不全と診断され,針灸等の治療を受けたが,効果は無かった。
患児の母の両方の叔父と患児の両方の叔父も同じ病を患っている。
両眼は癡呆のように,凝視しているが何も見ていない,喋らず,上下肢はいつも動かしている。
手に物を握らせてもすぐに放してしまう。
立たせると手足は固定せず地に倒れ,大小便はオムツの内でし,自分で排便できず,自分で食物を掴めない。
舌苔は白く,手足は厥冷し,脈は沈細弦である。
脈証を綜合すれば:此の病は先天のもので,腎精不足,心肝倶虚,痰湿阻竅である。
治療法は補益肝腎,化痰柔筋とする。
 地黄飲子加減(熟地10 山萸肉・石斛・麦冬・五味子・菖蒲・遠志・茯苓・肉苁蓉3 桂枝2 附子1 巴戟天4)
服薬10剤の后,手で支えれば暫くは立つことが出来るようになった,毎回数秒~四分間である,継服すること20剤で,周囲の事物に反応し始めた。
又服薬すること60剤の后 同齢の児のように歩けるようになった。
また爸爸、媽媽と声を発することも出来る。
もう空腹を知らせるし,ひとりで1、2、3、4、5、6、7、8、9、10と数えることも出来る。
又服薬すること20剤で,患児は介護人に手を振り“再見”とか“爺爺好”と云う。
療効を鞏固にするために,以上の処方を散剤にして,3日に1回服用、1回は5グラムとする,煎服服薬してから一年もすると,諸証は消失して愈えた。
   中医临证经验与方法 より
※先天不足の病でもこのように改善できるのはありがたい。まして、その他の病などは‥‥。

|

« 地黄飲子1 | Main | 地黄飲子3 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地黄飲子2:

« 地黄飲子1 | Main | 地黄飲子3 »