« 宗気外泄 | Main | 老年性認知症 »

小柴胡湯方后の条文

小柴胡湯については今までに何度も取り上げた。しかし方后の加減の条文については省略してきた。この度は方后の条文から小柴胡湯の持つ意味を研究してみます。
名医論方 より
金·成無己
 傷寒の邪気が表に在れば,必ず漬形(上の水分代謝)して汗となる;邪気が裏に在れば,必ず蕩滌(下の水分代謝)して利となる;其れ不外不内,半表半裏にあれば,既に発汗すべきには非ず,又吐下すべきには非ず,是れ当に和解すべきのみ。
小柴胡湯は和解表裏の剤なり。
柴胡は味苦で平か微寒,黄芩は味苦で寒。
《内経》に曰く:熱淫が内にあれば,苦を以って発す。
邪が半表半裏にあれば,半ばは熱となり,熱気は内に伝わるが,之を攻めてはならない,則ち之を迎え奪うには,必ず散熱が先でなければならない,そのためには苦寒が主となる,故に柴胡を君とし,黄芩を臣とし,熱を徹底的に表へ発する剤である。
人参は味が甘温で,甘草は味が甘平である。
邪気が裏へ伝われば,裏気を治さずに,甘で緩めるのがよく,甘物の助けを借りる,故に人参、甘草を佐とし,正気を扶けて元に復する也。
半夏の味は辛で微温,邪が初めて裏へ入ると,裏気は逆するから,辛にて散らすのがよい,そのためには辛物の助けを借りる,故に半夏を佐とし,逆気を順にして散邪する也。
裏気が平正となれば,邪気は深く入ることはできない,是の三味が柴胡を佐けて裏を和すのである。
生姜の味は辛温,大棗の味は甘温である。
《内経》に曰く:辛甘は発散させる陽の働きがある。
表邪が未だ已まず,遷延して内へと伝わろうとしても,もう実体化はせず,うまく両解させる,外に在る者は,必ず辛甘の物で発散させる,故に生姜、大棗を使とし,柴胡を輔けて表を和す。
七物が相合わさり,両解の剤となる。
邪気が表にあり未だ集まって実体化していなければ,虚に乗じてこれを汗として外へ出す,もし伝わるところがあちこちにあるなら,処方を増損して之を御す。
 胸中が煩してもまだ嘔かなければ,半夏、人参を去って,栝楼実を加える。
煩とは,熱である;嘔とは,気逆である。
胸中が煩して不嘔なら,熱が聚っても気逆にはなっていない,邪気が次第に実体化しようとしている。
人参の味甘は補剤であるから,之を去って熱の助けとしない;半夏の味辛は散剤であるから,之を去って気逆にはしない。
栝楼実は味苦寒なり,除熱には必ず寒が必要だし,泄熱には必ず苦が必要である,栝楼実を加えれば胸中の鬱熱を通ずる。
 若し渇するなら,半夏を去り,人参、栝楼根を加える。
津液が不足すると渇する,半夏は味辛性燥で,液物を滲津させるから,之を去れば津液は復し易い。
人参は味甘にして潤,栝楼根は味苦にして堅,堅潤が相合わされば,津液が生じて渇は自ら己む。
 若し腹中が痛めば,黄芩を去り,芍薬を加える。
通ずるところが塞がれれば痛む,邪気が裏に入ると,裏気が不足し,寒気が之を壅ぐ,そうなれば腹中は痛む。
黄芩は味苦寒なり,苦性は堅にして腹中を寒くする,之を去れば中気が和し易い;芍薬は味酸苦で微寒,酸性は泄して腹中を通利する,之を加えれば裏気が通り痛みは自ら己む。
 若し脇下痞硬となれば,大棗を去り,牡蛎を加える。
《内経》に曰く:甘きは人をして中満にする。
大棗は甘温,之を去れば硬は散ずる;咸は軟かくする,牡蛎は味酸咸寒だから,之を加えれば痞は消え硬は軟かくなる。
 若し心下が悸し,小便不利となれば,黄芩を去り,茯苓を加える。
心下悸,小便不利とは,蓄わえず行らずである。
《内経》に曰く:腎が堅を欲するなら,急ぎ苦を食して之を堅めよ。
堅き腎は水益ます堅し,黄芩は味苦寒である,之を去れば蓄水して能く行る,
《内経》に曰く:淡味は滲泄する陽の働きがある。
茯苓は味甘淡なり,之を加えれば津液は通流する。
 若し不渇なら,外に微熱有り,人参を去り,桂を加える。
不渇とは津液が足りていることだから,人参を去る,人参は内の物を主るから。
外に微熱が有れば,表証が多い,桂を加えて汗を取り,表邪を発散する也。
 若し咳すれば,人参、大棗、生姜を去り,五味子、干姜を加える。
肺気の逆するのが咳である,甘が補中すれば,肺気は愈いよ逆する,故に人参、大棗の甘を去る。
五味子は酸温,肺は収を欲する,急ぎ酸を食して之を収める,気逆が収まらずば,五味子の酸を加える。
生姜、干姜は一つの物なり,生は温で干は熱である,寒気が内淫するなら,辛熱で散ずる。
だいたい諸咳は皆寒に本ずく,故に生姜を去って干姜を加える,是れが正に温熱の功を借りるということ。
諸ろもろ此れらを識れば,小小の変通については,類推ができるだろう。
(《傷寒明理論》)

|

« 宗気外泄 | Main | 老年性認知症 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小柴胡湯方后の条文:

« 宗気外泄 | Main | 老年性認知症 »