« 小柴胡湯方后の条文 | Main | 帯脈拘急 »

老年性認知症

張某某,男,71歳,干部,河北人。1996年12月13日初診。
患者は2年前から次第に神識呆滞となり,記憶力が減退し,緘黙で喋らず,読み書きができなくなった。
某医院の脳CTスキャンでは大脳に広汎性萎縮が認められ,老年性癡呆(Alzheimer病)と診断された。
脳復康、維脳路通等を服したが効果は顕れなかった。
現在は神識呆滞,寡言少語,嗜睡懶動,食少納呆,大便溏,行動遅緩,失認失写,面色黄白,老年斑累累,舌淡紅苔薄白,脈沈細尺弱。
この証は脾胃虚衰,化源不足,腎精虧損,髄海空虚,脳失所養の候である。
そこで滋脾養胃,補腎填精のため,理脾陰方の加減方を与えた。
 (薬用人参15 山薬20 熟地15 黄芪20 蓮肉・白芍・扁豆・茯苓・山萸肉・橘紅15 甘草10 紫河車(別包,研末,毎次2g,湯薬冲服))
 3ケ月の治療で,神呆の面容は基本的に消失し,表情は元へ戻り,受け答えの言葉も正確となり,読み書きが出来るようになり,食欲は増加し,大便も正常となった,舌は淡で無苔,脈は沈細で尺弱である。
原方の白芍を赤芍に易え,別に丹参20gを加えて,続服すること3ケ月。
神志はあたかも常人の如く,記憶力は増強し,反応は以前のように霊敏となり,目下なお治療中である。
[評析]脾胃は后天の本,気血生化の源である。
人は生れてより老いるまで,后天に頼らざるを得ず,肉体はすべて脾胃の資するところである。
老年ともなり,腎精が虧損し,髄海が不足すれば,后天培養の力によらざれば,五臓を溢栄し,気血を旺盛とし,精髄を充足し,祛病延年することはできない,故に脾胃を調理することは老年病治療の関鍵であり,また老年性癡呆を防治し、延緩衰老の重要な方法である。
本例の辨証は脾腎気陰両虚である,故に参苓白朮散と六味地黄湯の意を取り,滋補脾腎,両調気血して,満足な療効を得た。
※1 理脾陰煎《雑症会心録》(南沙参・白朮6 茯苓3 山薬4.5 白扁豆6 陳皮3 甘草1.5 茵陳0.6 梔子1.5 白芍3 苡仁・谷芽9)主治陽黄。
※2 これなら平易な処方で誰にでも出来そうだ。

|

« 小柴胡湯方后の条文 | Main | 帯脈拘急 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老年性認知症:

« 小柴胡湯方后の条文 | Main | 帯脈拘急 »