« 赤小豆の功効と作用 | Main | 赤小豆 方剤制剤 »

赤小豆の配伍応用

1.赤茯苓を配すると,下焦の湿毒を清利する力が大きくなる。
 湿熱蘊結による小便不利,尿血,下肢浮腫,瀉痢などに用いられる。
2.当帰を配すると,滲湿清熱,活血行瘀となり,熱は去り湿が除かれて出血が止まる。
 湿熱による便血,腹痛,尿血に用いられる。
3.連翹を配すると,赤小豆は清熱利水,散血消腫し,連翹は心経の客熱を瀉し,上焦の諸熱を去り,解毒散結の効も有る,故に連翹は“瘡家の聖薬”と称される。
 合用すれば心経の火を解し,湿熱を利し解毒するので,湿熱内蘊の黄疸,湿熱下注の淋症,婦科盆腔炎の急性発作と産后の高熱を治すのに用いられる。
4.白茅根を配すると,利水消腫を増強し,一定の凉血通淋の功もある。
 水腫、脚気の浮腫、小便不利、淋閉尿血等の証に用いられる。
5.瓜蒂を配すると,その酸苦には涌泄作用があり,催吐作用が捷(はや)くなる。
 又 赤小豆を得れば その中を護り胃気を保つ作用により,快(はや)く吐かせても正気を傷つけない。
 痰涎が胸中に壅塞し,宿食が上脘に停滞していると瀉利させても効果が無い、そういう時に用いられる。
6.鯉魚を配すると,《食療本草》には:“鯉魚と爛煮して食せば,脚気や大腹水腫を治す。”
7.鶏子白(卵白)を配すると《薬性論》には:“粉末にして鶏子白と練って熱毒癰腫に塗る。”
8.麻黄を配すると,二薬は共に利水だが,赤小豆は清熱利湿による消腫で,また解毒作用もある,麻黄は肺気を宣暢して膀胱に下達して利水をする,合わせて宣肺利湿,清熱の功効となる。
9.商陸を配すると,赤小豆は清熱利水で,商陸は水湿の排泄である,合わせて逐水除脹の作用となり,水腫脹満の症に常用される。
   赤小豆是什麼 より
※たかが赤小豆といえど個性的な生薬じゃないの。

|

« 赤小豆の功効と作用 | Main | 赤小豆 方剤制剤 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤小豆の配伍応用:

« 赤小豆の功効と作用 | Main | 赤小豆 方剤制剤 »