« 赤小豆の配伍応用 | Main | 赤小豆の副作用 »

赤小豆 方剤制剤

1.赤小豆湯(《聖済総録》) :本品、桑根白皮、紫蘇茎葉。
 本方は脚気気喘,大小便渋,全身の腫れや両脚の気脹から,水に変成した者に用いられる。
2.麻黄連翹赤小豆湯(《傷寒論》) :麻黄、連翹、本品、杏仁、大棗、生梓白皮、生姜、甘草。
 本方は傷寒の瘀熱が裏に在りて,身黄となりたる者に用いられる。”
3.赤小豆散(《聖恵方》) :本品、丁香、黍米、瓜蒂、熏陸香、青布、麝香。
 本方は急黄で身が金色の如き者に用いられる。
4.赤豆薏苡湯(《瘍科捷径》) :本品、薏苡仁、防己、甘草。
 本方は湿熱気滞瘀凝による大小腸癰に用いられる。
5.消疹湯(《本草綱目》):本品、荊芥穂。
 本方は風瘙瘾疹(蕁麻疹)に用いられる。
6.治消散(《備急千金要方》) :本品、人参、甘草、瞿麦、当帰、猪苓、黄芩、白蔹、黄芪、薏苡仁、防風、升麻。
 本方は癰疽瘡毒に用いられる。
7.赤小豆当帰散(《金匱要略》) :本品、当帰。
 本方は湿熱蘊毒が,腸中に積もり,癰膿を形成するのに用いられる。症状は肌表に微熱があり,微煩,欲臥,汗出,目の四眦は黒く,食は進み,脈数である。亦 大便下血,先血后便を治す。
8.赤小豆散(《証治凖縄·瘍医》:本品、薏苡仁、甘草。
 本方は胃痛の初起で,中脘が隠痛微腫し,寒熱が瘧の如く,身皮が甲錯し,咳嗽しないが,膿血を咯吐し,脈が洪数の者に用いられる。
9.赤苓散(《干金翼方》) :本品、茯苓、玉竹、雄黄、甜瓜蒂、炙甘草。
 本方は黒疸で,皮膚、大便ともに黒き者に用いられる。
10.鉄箍散(《北京中成薬規範》 北京市薬品標凖 1980年) :芙蓉葉、生川烏、生草烏、生半夏、白及、赤小豆、五倍子。剤型:散剤,毎袋1g,用法:外用,蜂蜜適量,患処に調敷する。
 功効は清熱解毒,消腫止痛で,主治は各種の癰腫瘡疖の早期で,紅腫して堅硬で瘀痛があるもの,また未潰の乳瘡で,焮熱瘀痛するものに,若し已に膿と成っておれば其れを破潰する。
   赤小豆是什麼 より
※瘀熱や瘀痛に関与することが多く、癌から癰疽瘡毒まで用途は広い。

|

« 赤小豆の配伍応用 | Main | 赤小豆の副作用 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤小豆 方剤制剤:

« 赤小豆の配伍応用 | Main | 赤小豆の副作用 »