« 帯脈拘急 | Main | 赤小豆の功効と作用 »

赤小豆でおたふく風邪を治す

赤小豆は又の名を飯赤豆といい,澱粉を豊富に含むので,又“飯豆”とも称され,それには“津津液、利小便、消脹、除腫、止吐”などの功能があり,李時珍は“心の穀”と称した。
赤小豆が宋仁宗の痄腮(流行性耳下腺炎)を医やした
北宋の仁宗年間のある春の日,皇帝の趙禎は起床時に耳下の両腮部に発酸、隠隠作痛するのを覚えた,手で撫でると,少し腫脹した感じがするので,御医を喚んだ。
御医は趙禎の脈を切した后,詳しく両腮を看察し,奏上した:“陛下 此の症は,痄腮(腮腺炎)と謂います,乃ち風湿病毒の邪が,口鼻より入ったのです。普済消毒飲を内服し,如意金黄散を外敷すれば,ご竜体は安康を保つことができます。”
意外にも三日后に,趙禎の病情は悪化し,悪寒発熱,倦怠嘔吐、両腮は腫痛堅硬し,口を開けるのが困難となった,御医達は慌しく診治をし,方剤を研討した,ある者の説は:“陛下の邪は気血と結びついている,軟堅消腫の剤がよい”;又ある者の説は:“湿毒内襲に違いない,清熱解毒の法が必要だ”。
衆医の見解が異なり,最終的な治療方案が確定しません。
趙禎はそれを聞いて大いに怒り,急ぎ天下の名医を詔求しました。
宮門に立て札を出し:“皇上の疾を治した者には,重賞を取らせる。”
首都内の,名医と云われる者が集ったが,“君に近づくのは虎に近づくようなものだ”,いったい誰がそのような危険を冒しましょうか?
ちょうどその時 都に傅と名乗る男がやってきて,その皇榜を看て,想いました:都では近ごろ仕事も無く,声を掛けてくれる人も居ないし,衣食にありつけないが,ここの皇帝は痄腮の病だそうだが,何が難かしいのやら?
そこで住処へ取って返して,赤豆を若干取出し,潰して細末とし,水で調成して糊状とし,其の名を「万応鮮凝膏」と名づけた。
それから立て札を剥がして,皇帝にそれを塗るようにと献上しました,三日もすると,意外にも痄腮は治ってしまいました。
それ以后,傅郎中の名は都中に鳴り響き,病人の絶え間がなく,応接に暇が無くなりました。
   赤小豆是什麼 より

|

« 帯脈拘急 | Main | 赤小豆の功効と作用 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤小豆でおたふく風邪を治す:

« 帯脈拘急 | Main | 赤小豆の功効と作用 »