« 傷寒表実-麻黄湯 | Main | 寒熱-桂枝二麻黄一湯 »

偏頭痛-葛根湯

劉渡舟医案:李某,男,38歳。
頑固な偏頭痛を患って二年,久治するも愈えず。
主訴:右側の頭痛で,常に前額及び眉稜骨に連及する。
また無汗悪寒,鼻流清涕,心煩,面赤,頭目眩暈,睡眠不佳を伴う。
診察の時に,病人の頚項が転動不利のようだったので,問えば答えて曰く;頚項及び后背経に常に拘急感があり,頭痛の甚しい時には拘緊が更に重くなる。
舌淡で苔白,脈は浮で略数。
そこで寒邪が太陽経脈に客し,経気不利の候と辨じた。
治は当に発汗祛邪により,太陽の気を通ずべし。
葛根湯:麻黄4,葛根18,桂枝・白芍12,炙甘草6,生姜12,大棗12枚。
麻黄、葛根の両薬を先に煎じ,上沫を去り,服薬后は覆いて微汗を取り,風寒を避ける。
3剤の薬后,脊背に熱感が起こり,継いで身に少し汗が出,頭痛、項急は続いて減じた。
原方を再服して,15剤に至りて,頭痛、項急の諸症は皆愈えた。[《劉渡舟臨証験案精選》1996:134]
按語:本案の脈証や病機は,葛根湯証に合っている。臨床では本方を服用后に,常に脊背に先ず熱感を覚え,継いで全身から汗が出る。これは薬力が先ず経輸に作用して経気を疏通せしめるや,邪気が外へと出ていくことの反映であり,疾病が治癒に向う佳兆である。
※葛根湯が効いたか効かなかったかは脊背の熱感と発汗で分かる。

|

« 傷寒表実-麻黄湯 | Main | 寒熱-桂枝二麻黄一湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 偏頭痛-葛根湯:

« 傷寒表実-麻黄湯 | Main | 寒熱-桂枝二麻黄一湯 »