« 咳喘-麻杏甘石湯 | Main | 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 »

眼筋痙攣ー桂枝甘草竜骨牡蛎湯

郝文軒医案:李某,女,30歳,1986年2月15日診。
左眼瞼の跳動が,三ケ月も愈らない,西医の診断は眼筋痙攣(目瞤)だが,治療の効が現れない。
舌質は正常で,無苔,脈細にして数,胸が煩躁し,唇は淡で食欲もある,小便は清白で便通は良い。
自ら云うには 病后に服した蚂蟻、全蝎等の虫薬は反った悪化したと。
此れは虚風妄動であるから静なるもので動を制するのが宜しい,竜牡を使いましょう,
今までのように虫類で捜風しようとすると逆に,其の気は益ます緊張する,道理でいくら投与しても効かなかったわけだ。
余は仲景の桂枝甘草竜骨牡蛎湯を与え,復陽寧風し,并せて白附子を加えて頭面に引入したら,2剤で愈えた。
《内経》に云わく;“陽気は,精なれば養神し,柔なれば養筋す”,神が安んずれば筋は柔らぎ,筋は再び動かなくなる。[安徽中医学院学報 1988;(1):30]
按語:本案の眼筋痙攣には煩躁、脈細数等の症があった,これは虚陽内擾生風の象である,“風勝れば動く”,故に桂甘竜牡湯を用いて温復潜鎮させたら,陽が立ち上がり風は息み瞤動は自ら止った。
※血虚生風や陰虚風動には虫類で捜風する場合があるが、これは虚陽生風であり虫類だと逆効果になる。また白附子は附子ではない。

|

« 咳喘-麻杏甘石湯 | Main | 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 眼筋痙攣ー桂枝甘草竜骨牡蛎湯:

« 咳喘-麻杏甘石湯 | Main | 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 »