« 下痢-桂枝湯 | Main | 厥証(排尿性暈厥)-桂枝湯 »

重症虚労-桂枝湯

劉渡舟医案;劉某男,18歳。
早婚で,素体は気怯,婚后半年で腰酸腿軟,頭暈耳鳴,小便頻数にして短,浙浙として悪寒し,双下肢に麻冷感有り,夏伏天(最も暑い時期)でも棉衣を着て仍お肢冷を感じ,動けば汗が出,納差(食欲不振)で腹脹,口中甜膩,夜寐て多夢,色欲が動き,体質は日に衰えた,人参、鹿茸を進めて培補するも無効。
初診:形痩気怯,面萎神衰,語声低微,両脈を切すれば沈細で弱,舌質は紅嫩,苔少(無苔)。
脈証を合参すれば,斯の疾は房労過度に因り,耗気傷精し,臓腑功能が失調し,陰陽ともに虧損せしものなり。
理応に補腎し以って培本すべし,但だ前医が人参、鹿茸を用いても効かなかったのを参考にすれば,桂枝湯を以って陰陽を調理することから着手しなければならない。
処方:桂枝15,白芍15,炙甘草6,生姜6,大棗10枚。5剤。
薬后に諸症は大いに減じた,但だ病者は虚損しており,速効は難しい,継服するに上方に懐山薬15,炒白朮12,鶏内金10を加えて,以って后天を培補し,并せて桂附八味丸を加服し以って腎気を補う,半月后に告げて曰く:薬后に精力は充沛し,飲食が倍増し,諸病は皆除かれた。
按語:本案は早婚に因り,欲しいままに傷精し,漸く虚労と成りしもの。
夏なのに毛皮のコートを着て,動けば汗を出し,舌質は紅嫩で,脈象が沈弱なのを観れば,乃ち陽虚の象である;又腰酸腿軟で,頭暈耳鳴があり,夜寐て夢多く,舌紅く少苔なのは,陰虚の象である。
陰陽不調,営衛難和なら,法当に陰陽を調和して治すべし,然らずば,奏効し難し,前医は人参、鹿茸を用いて大補せんとした結果を見れば明らかである。
劉老は真の証を識り,桂枝湯を巧みに用いて滋陰和陽し,営衛を調和させ,病の正鵠を射た。
陰平陽秘,精神内守するのを待てば,虚労は愈える。
又病の七八が去っても,培土健脾の品を増したのは,后天を培し以って先天を養う意也,腎の陰陽が充盈すれば,頑疾といえども尽く抜けん。
※陰陽不調=営衛不和。いきなり先天腎の陰陽を補おうとしても奏効し難い時は、后天の営衛を調和させることから始めなければならない。

|

« 下痢-桂枝湯 | Main | 厥証(排尿性暈厥)-桂枝湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 重症虚労-桂枝湯:

« 下痢-桂枝湯 | Main | 厥証(排尿性暈厥)-桂枝湯 »