« 眼筋痙攣ー桂枝甘草竜骨牡蛎湯 | Main | 呃逆ー桂枝加桂湯 »

食后嗜睡ー桂枝加桂湯

謝富晋医案:邓某某,女,18歳,1987年2月6日診。
1986年7月から始まったのだが,明らかな誘因が無いのに食后の倦怠思睡が出現し,その都度30分以上は睡らずにはおられず,醒めた后はいつもと変わらない,
頭暈目眩を伴い,面色は蒼白,神倦乏力,四肢不温,時々発熱し,自汗,舌苔白くして微膩,舌は淡紅,脈は濡緩である。
桂枝加桂湯:桂枝15,白芍10,炙甘草6,生姜10,大棗5枚,3剤,日1剤,水煎服。
服薬后には僅かに20分間伏すだけで目醒めるようになった,
再び原方5剤で,服后には食后に睡らず我慢が出来るようになった,
だがまだ食后の困倦思睡はあるので,又服すること8剤で,諸症は消失した。
一年後に訪ねると,再発はしていなかった。[四川中医1993;(5);36]
按語:人の寤寐と衛気の運行と陽気の盛衰とは密切な相関がある,
《霊枢・大惑論》に云わく:“衛気は,昼日には常に陽を行り,夜には陰を行る,故に陽気が尽きれば臥し,陰気が尽きれば寤る。”
本案の嗜睡は食后に起こり,醒めた后は常人の如しだから,これは食后多寐である。
其の原因は脾陽不足が衛気の運行に影響しているのと関係がある,どうしてそう言えるかって?
頭暈目眩,面色蒼白,神疲乏力,四肢不温,自汗,舌淡苔白だからだ。
故に桂枝加桂湯で陽気を振奮し,営衛を調和すれば,愈える。
※桂枝加桂湯は『傷寒論』では“奔豚病”に使う処方です。奔豚病と食后嗜睡では全然違った病気なのに、なぜ食后嗜睡が桂枝加桂湯で治るのか?

|

« 眼筋痙攣ー桂枝甘草竜骨牡蛎湯 | Main | 呃逆ー桂枝加桂湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食后嗜睡ー桂枝加桂湯:

« 眼筋痙攣ー桂枝甘草竜骨牡蛎湯 | Main | 呃逆ー桂枝加桂湯 »