« 肛裂-芍薬甘草湯 | Main | 畏寒-芍薬甘草附子湯 »

便秘-芍薬甘草湯

耿守緒医案:李某某,男,62歳,1988年4月2日診。
ここ三年来大便が干結して羊糞の如し,数日に一行,厠できばると汗が出て,息が乱れる,西医は浣腸を常用して焦眉の苦を解せんとする。
診見:舌質は淡黯,苔薄白,脈弦細にして渋。
診断:老年性便秘。治は益気養血,潤腸通便に宜し。
処方:生白芍30,甘草10,水煎服,毎日1剤。
3剤を服薬したら,大便が通じた。
10剤の后,大便の硬さが適度となり,一日一回の便通となった。
一年して随訪したら,大便は正常であった。[四川中医 1991,(3):34)]
按語:《本経疏証》に云わく:“芍薬は能く脾に入り結を開く”,“芍薬は甘草と合せると腸胃の結を破る”。
臨床観察によれば,本方は確かに通便開結の効がある,特に年老体弱にして,気血不足する者に対して佳い。
※麻子仁丸や潤腸丸とは一味違った通便法として試してみる価値がある。

|

« 肛裂-芍薬甘草湯 | Main | 畏寒-芍薬甘草附子湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 便秘-芍薬甘草湯:

« 肛裂-芍薬甘草湯 | Main | 畏寒-芍薬甘草附子湯 »