« 類風湿性関節炎ー苓桂朮甘湯 | Main | 噎膈ー小建中湯 »

白帯ー苓桂朮甘湯

馬子知医案:劉某某,女,35歳,1985年8月25日就診。
白帯量多く,膿の如く涕の如し,淋漓して不断3年。
腰膝酸軟を伴い,腹脹して不適,腹内時に常に漉漉として作響す。
舌苔薄白く膩,脈沈弦。
此れ痰飲内阻に属し,清濁不分なり,苓桂朮甘湯加味を投ず:
茯苓30,白朮18,桂枝・炙甘草10,烏薬l2。
初服して白帯反って増し,崩の如く注の如し,継いで漸漸と減少す,共服すること16剤,白帯尽き,他症も亦愈ゆ。
追訪2年末だ復発せず。(河北中医19895(4):12)
按語:本案の帯下は乃ち脾虚水停である,《婦科玉尺》に云わく:“湿土下陥して,脾精を受けざれば,輸して営血となる能わず,白物が下流する。”
故に苓桂朮甘湯を用いて健脾化飲し,求本して治す。
※膿や涕の如く、また淋漓として流れ、漉漉として作響すなど粘性のない清冷な帯下。

|

« 類風湿性関節炎ー苓桂朮甘湯 | Main | 噎膈ー小建中湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白帯ー苓桂朮甘湯:

« 類風湿性関節炎ー苓桂朮甘湯 | Main | 噎膈ー小建中湯 »