« 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 | Main | 胃脘痛ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »

癲癇ー桂枝去桂加茯苓白朮湯

李克紹医案:王某某,女,約50歳。
患者は日頃から倒れて抽搐し,人事不省になることが多い,重い時には毎月 発作が数回ある,
西医の診断で“癲癇”といわれ,多方で治療するも無効で,その后 学院へ来て私の診治を求めた。
舌上に一層の白砂苔があり,干いて厚い。
胃部を触診すると,痞硬して微痛があり,食欲不振で,口干して飲みたがる,
此れは水飲が中脘に結ばれている,
病人は癇風の治療を切に要求し,胃病には関心が無い。
癲癇は脳の病だが,脳の興奮は,必ず何かの刺激を通して引き起される,
刺激の原因は,中医から看れば多種多様である,
譬えば祛痰、和血、解鬱、理気、鎮痙等の各種の方法が選用される,
本患者は心下に宿痰水飲が有り,是れが癲癇発作の触媒になっている可能性がある。
それを根拠として,桂枝去桂加茯苓白朮湯の意から……
処方:茯苓,白朮,白芍,炙甘草,枳実,僵蚕,蜈蚣,全蝎
患者が一年后に又学院来へ来て曰く,上方を数剤連服した后,癲癇発作はまだ一回も無い,又あの時の胃病も好くなった。
今度は胃病が再発したので,胃病の治療だけをして欲しいと云う。
因って又健脾理気化痰方を与えて去らせた。[《傷寒解惑論》1978:126]
按語:本案から辨証求因,審因論治の重要性がよく分かる。
※証候からスタートするのが辨証求因、原因からスタートするのが審因論治。二つが合致すれば正解。

|

« 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 | Main | 胃脘痛ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 癲癇ー桂枝去桂加茯苓白朮湯:

« 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 | Main | 胃脘痛ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »