« 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 | Main | 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »

呃逆ー桂枝加桂湯

宋建中医案:常某,男,51歳,1986年2月28日初診。
五年前に胃脘が脹悶してすっきりせず,隠隠として痛み,食欲不振となり,某医院では慢性胃炎と診断され,治療后に病情は好転した。
ここ二ケ月来,胃脘が時々おかしかったが,半月前に又冷やしたら呃逆が現れ,それが日増しに劇しくなり,腹脹を伴い,食欲不振で,体がだるい。
これまでに多方面の治療を求め,中西薬と変えてみたが,効果はなかった。
ここ両日は呃逆頻発となったのでやって来ました。
カルテ:証は上述の如く,呃逆が頻発しており,音声は低微で,面黄体痩,舌淡苔薄白,脈は沈遅無力である。
脾胃虚弱,寒邪侵襲,胃気上逆の証である。
補脾胃,去寒邪,降逆気として,桂枝加桂湯加味を用いる:
桂枝20,白芍、党参15,甘草6,干姜、生姜9,大棗7枚。
服薬2剤の后,呃逆の回数は明らかに減少し,腹脹、食欲不振も好転した。
又服すること2剤で,呃逆は消失した。
上方の桂枝は9gに減らし,再進3剤にて愈え,その後再発していない。[新中医 1991,(5):45]
按語:胃病を久しく患っていたから,脾胃は已に虚している,そこへ又寒邪が直中し,脾胃不和となり,冲気が上逆して呃逆を発した。
桂枝湯は外では営衛を和し,内では脾胃を調えることが出来る。
桂枝を加えたのは,“其の味甘が,善く脾胃を調え,脾の気陥を上升させ,冲気の逆を下降させる為である,脾胃が調和すれば,留飲は自ら除かれ,積食は自ら化す”(《医学哀中参西録》)。
又党参、干姜を加えて脾胃を温補させ,陽が復し寒が去るのを待てば,脾胃は調和して,呃逆は自ら除かれる。
※桂枝加桂湯は《傷寒論》では気が少腹より上って心を衝く“奔豚病”に使われており、呃逆も同じとみなされる。

|

« 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 | Main | 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 呃逆ー桂枝加桂湯:

« 食后嗜睡ー桂枝加桂湯 | Main | 太陽水飲ー桂枝去桂加茯苓白朮湯 »