« 吐血ー甘草干姜湯 | Main | 遺尿ー甘草干姜湯 »

労淋ー甘草干姜湯

趙守真医案:卿某,夏日に田間で労作し,寝床は暑くて熏蒸され,憩息する時の多くは地べたに坐し,湿熱の侵襲は免れず,遂に淋病になった。
証候は小便渋痛し,点滴して出難く,時には血が滲出し,痛楚の状は言うに堪えず。
余が其の脈を按ずると数にして無力,口は渇かず,舌苔は白膩で滑,胸が痞悶し,微咳して涎唾多く,大便は暢(下痢)。
原因は労働が甚しくて湿熱に傷れ,復た血を損じたためである。
……ただ寒凉薬を多く服したので,熱は已に清されたが,湿のみが尚留っている,
治療は利湿滋陰 疏経和血するに宜しく,猪苓湯加牛膝、絲瓜絡を処方した。
連進すること10剤,血病は減ったが,淋は依然としてあり,且つ胸満咳痰が増えた。
その訳は,水湿が上汎し,寒が肺に生じ,上竅が不通で,下竅が難利となったからである,
故に上の咳痰は,寒であり熱には非ず,下の淋は熱には非ず湿に属する,
其の重心は下焦には在らず中上の二焦に在る,治法は温肺健脾するに宜し。
但し二朮は温燥で津液を傷つけるし,麻辛散は肺気を傷つけ,皆相応しく無い,因って甘草干姜湯と処方した。
生甘草(連稍用)24,干姜(炮透)9。
進服すること5剤にして,逐に漸く尿長となり痛みは減じ血は止った,亦且つ胸は舒び涎は少くなった,
前方は既に著効があったので又5剤を服して,病は遂に全愈した。
后用は清和の益気健胃薬で調理して康復した。[広東中医 1962,(9):13]
按語:本案は一誤ならず再誤し,やっと主証が抓めたわけで,治淋には湿熱に囚われてはならないという事。
甘草梢を用いたのは,走下利水に長じているから。
※淋病を最初に甘草干姜湯の証と弁証するのは極めて困難、やはり湿熱と思い込みやすいもの。

|

« 吐血ー甘草干姜湯 | Main | 遺尿ー甘草干姜湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 労淋ー甘草干姜湯:

« 吐血ー甘草干姜湯 | Main | 遺尿ー甘草干姜湯 »