« 遺尿ー甘草干姜湯 | Main | 不安腿ー芍薬甘草湯 »

胃脘痛ー甘草干姜湯

胡学曽医案:某男,16歳。久しく生冷を食して胃脘痛を起こした。
いつも寒を感じると発し,熱を得ると舒適となり,腹脹欲嘔,吐涎沫,心胸煩悶,眩暈,納呆,溲清,便溏を伴う。
舌は淡紅,苔白潤,脈沈弦。
此れは脾胃陽虚,寒飲内停,飲邪上犯の致す所である。
温健脾胃,祛寒降逆するに宜しく,方は甘草干姜湯加味を用いる:
炙草15,干姜8,半夏4。
服薬2剤で,諸症はみな失われた,香砂養胃丸を継用して善后とする。[天津中医 1986,(4):14]
按語:辨証すれば,本案の胃脘痛は確かに脾胃虚寒に属する,甘草干姜湯は理中湯から壅滞しやすい人参、白朮を去って成る,則ち温中作用は更に迅速を加え,又半夏を加えて温胃降逆しており,即効性になっている。
※ともすれば理中湯を選びたいところだが選方は簡潔で最高!

|

« 遺尿ー甘草干姜湯 | Main | 不安腿ー芍薬甘草湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 胃脘痛ー甘草干姜湯:

« 遺尿ー甘草干姜湯 | Main | 不安腿ー芍薬甘草湯 »