« February 2018 | Main | May 2018 »

急性闌尾炎(虫垂炎)

宋××,男,24歳。
右下腹部に劇烈な疼痛が持続し3日間以上も止らない,某院では急性闌尾炎と診断された,
先ず中薬の大黄牡丹湯加減、抗菌素等を用いて治療したが効かず,手術治療を建議されたが,患者及び家属の手術拒絶に因って改めて中医治療を請うた,

Continue reading "急性闌尾炎(虫垂炎)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痒疹(蕁麻疹)一大承気湯

陸安铝医案:周某某,男,46歳,1973年11月13日診。
魚蟹を食して,当夜 全身に大小さまざまな淡紅色の皮疹が出現し,掻痒忍び難い,発熱、頭暈、納呆、腹痛を伴い、舌紅く苔黄膩,脈弦数である,

Continue reading "痒疹(蕁麻疹)一大承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燥屎内結一大承気湯

曹穎甫医案:予は嘗つて江陰街肉庄で呉姓の婦人を診たことがある,
病が起きて已に六七日になり,壮熱,頭汗出,脈大,便閉で,七日間出ていない,身は発黄せず,結胸せず,腹は脹満せず,ただ頭中が劇痛し,語らず,眼は見開いたまま,瞳神は瞬けず,人が前を通り過ぎても,誰だか辨別できず,証は頗る危重であった。

Continue reading "燥屎内結一大承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高処から落下一小承気湯

張生権医案:吉某,男,22歳。
一ケ月前に,患者は6米の高処から落下し,腰部劇痛,双下肢の活動不能となり,翌日には二便閉となった。

Continue reading "高処から落下一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眩暈一小承気湯

劉和章医案:任某,女,36歳,1991年9月25日初診。
麺類ばかりを連食していたら眩暈が起った,
眼のかすみを自覚し,視物が旋転し,閉目すると止り,悪心嘔吐し,苦しさは言うに堪えず,
并せて腰酸、煩躁を覚え,脘悶して不舒,腹部は䐜脹する。

Continue reading "眩暈一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭痛一小承気湯

盧訓灏医案:盧某某,男,33歳,1991年4月6日来診。
一周前に頭痛になり,左前額から眉稜骨の痛みが尤も甚しく,手を触れることも出来ない。
これまでに某郷衛生所の西医治療を受けたが,未だ痛みは減らない。

Continue reading "頭痛一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

哮喘一小承気湯

劉和章医案:王某,男,50歳,1991年8月26日入院。
哮喘病史が3年,初発は病情が較軽かったが,何度も寒温不調に因って胸悶気促を突発し,冬に入って更に甚しくなった,緩解后は常人の如し。

Continue reading "哮喘一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脱肛一小承気湯

劉和章医案:李某,女,8歳,1991年8月3日初診。
父代訴:患児は1990年に痢疾を患って后,大便が常に通暢せず,排便時に直腸が肛外へ脱出する。
ここ7日は感冒咳嗽に因り加重して,行走時にも肛門が脱出したままである。

Continue reading "脱肛一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

両手撮空一小承気湯

許叔微医案:市人張某,年は四十。
傷寒を病み,大便不利となり,夕暮れに発熱し,手循衣縫(手は縫い目をまさぐり),両手撮空(両手は空をつかむ),目は直視して急となり,三医を更える。
皆曰く:傷寒最悪の証なり,これは治せない。

Continue reading "両手撮空一小承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

跌打損傷一調胃承気湯

王華穎医案:張某,男,56歳,1990年1O月13日診。
患者は昨日の夕方に揉め事があって木棍で膝部を猛撃されて摔倒し,歩けなくなった。
今日になって診治のためにやって来た。
患者の左膝の肌膚は青紫で,腫脹が重い,圧痛があり,関節の活動は制限されている。

Continue reading "跌打損傷一調胃承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痔瘡一調胃承気湯

楊徳明医案:劉某某,男,41歳,1987年1O月5日診。
痔瘡を患って2~3年,その間、西薬治療にて,時に好く時に壊す。
この5日来肛門が腫痛し,行走起坐が困難である。

Continue reading "痔瘡一調胃承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瞼廃(重症瞼下垂)一桂枝加葛根湯

秦天富医案:趙某某,女,6歳,1984年10月10日初診。
父の代訴:思い出だすと 児が三ケ月前に外出した途中に,風寒に感じて,当晩に発熱し,三日で熱は退いたが,双眼瞼が下垂していた。
省、地等の医院では“重症瞼下垂”と診断された。

Continue reading "瞼廃(重症瞼下垂)一桂枝加葛根湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

重症筋無力-益気聡明湯

史××,男,34歳。
両眼瞼が下垂して持ち上げることが出来ず、もう8ケ月以上になる。
医診では重症筋無力症とのこと。

Continue reading "重症筋無力-益気聡明湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

呃逆一調胃承気湯

王金州医案:厳某,男,50歳,1986年10月25日診。
患者は3日前に飲酒飽食した后,胃脘が脹悶不舒となり,続いて呃呃連声となり,自制できない。

Continue reading "呃逆一調胃承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嘔吐一調胃承気湯

王常勇医案:万某某,女,23歳。
長期の低熱と,胸痛咳嗽に因り本院の肺科に入り,肺結核と診断され,臨床治療を経て病情は好転した。
だが五日前から嘔吐が始まり,次第に重くなり,一日に数回,食が入ると吐き,食も水も入らない,西薬の鎮静、止吐等はみな無効で,中医の診治が要求された。

Continue reading "嘔吐一調胃承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

咳嗽一猪苓湯

劉懐徳医案:患者王某某,男,60歳。
日頃から体が弱く,嗜烟もあった,感冒に因り咳嗽して一ケ月余になる,前医はエリスロマイシン、魚腥草にて四五日治療したが無効だった,
症状は咳嗽時に少し黄色がかった白痰を,咯出するが出難い,口は微渇,胸悶し,舌紅く無苔で津が多く,脈は細濡である,

Continue reading "咳嗽一猪苓湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

咳(咯)血一猪苓湯

厳忠医案:呉某某,女,38歳,1985年1O月1日診。
素もと咯血の病史があった。
二日前に隣家と口角反目(喧嘩)して頻繁に咯血した,
昼夜碗に盈ちるほどで,色紫で塊があり,形痩せ脇痛を伴い,面黒く神疲,月経は40日経っても来潮せず。

Continue reading "咳(咯)血一猪苓湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不妊一半夏瀉心湯

彭海燕医案:田某,女,29歳,1990年3月7日初診。
婚后4年余になる,3年前に一度妊娠して3ケ月の時に何かの誘因で自然流産になった。
此の后3年同居するも未だ妊娠しない。

Continue reading "不妊一半夏瀉心湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

妊娠腹痛一桃仁承気湯

丘敏医案:劉某某,女,38歳。
已に両胎を産している。
今又停経して八ケ月になるが,腹はあまり大きくならない。
脹満不舒を自覚し,医は疏気行血の薬を投じたが脹満は減らなかった,
后で某医院で“妊娠”と診断されたが,身体虚弱で,胎児は正常な発育が出来ないと。

Continue reading "妊娠腹痛一桃仁承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱入血室一桃仁承気湯

陳正昭医案:李某某,女,28歳。
春三月経水来ること多し,八日目には止るはずだった,
ところが烈日に摘茶していたら,忽然として小腹が急痛し,それが心膈へと上冲し,寒熱往来となった。
喜嘔し,薬も口に入らず,手足は厥冷し,気閉神昏となった。

Continue reading "熱入血室一桃仁承気湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

癥積一抵当丸

曹穎甫医案;常熟鹿苑銭欽伯の妻,経が停って九ケ月になるが,腹中に塊があり攻痛する,妊娠でないのは分かっている。
医は三稜、莪朮など多剤を出したが応ぜず,陳保厚先生の診を請います。

Continue reading "癥積一抵当丸"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痒疹一猪苓湯

湯岱玉医案:文某某,男,54歳,1993年4月23日来診。
陰嚢が痒く,滲液が出てもう1O年になる,しばしば治療しているが無効である。
症見:陰嚢の皮膚が潮紅して腫脹し,肥厚して,苔蘚様に変り,間に糜爛滲液があり,拭くと痛み,灼熱感があり,瘙痒この上ない。

Continue reading "痒疹一猪苓湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歯ぎしり一白虎湯

周屹紅医案:林某,男,24歳。

5歳の時から磋牙(歯ぎしり)が出現し,当地の医院で“駆蛔霊”にて治して愈えた,大便からは蛔虫が排出された。

7歳の時にまた磋牙の発作が始まり,駆蛔霊を服用したが無効で,大便からは蛔虫が排出されず,糞検でも寄生虫卵は見つからなかった。

Continue reading "歯ぎしり一白虎湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自汗一白虎湯

林家坤医案:朱某某,男,25歳,1986年12月5日診。
患者は手足、鼻部から溱溱として汗が出るようになり已に八年の久に達する。
身は無汗で,寐ると汗が収まり、寤めると汗が出る,四季を分けない。
ここ二年来,汗症は更に甚しくなり,特に筆を握って書写すると,その瞬間にもう紙は湿透して,言うに堪えない。

Continue reading "自汗一白虎湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭暈(低血圧)一桂枝附子湯

劉新華医案:楊某,男,67歳。
夏に入った后の労累過度と,体質が素から弱かったことで,心陽虚損となり,心血が上栄できず,厳重な低血圧症を引き起した。

Continue reading "頭暈(低血圧)一桂枝附子湯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2018 | Main | May 2018 »