« 自汗一白虎湯 | Main | 痒疹一猪苓湯 »

歯ぎしり一白虎湯

周屹紅医案:林某,男,24歳。

5歳の時から磋牙(歯ぎしり)が出現し,当地の医院で“駆蛔霊”にて治して愈えた,大便からは蛔虫が排出された。

7歳の時にまた磋牙の発作が始まり,駆蛔霊を服用したが無効で,大便からは蛔虫が排出されず,糞検でも寄生虫卵は見つからなかった。

多方の治療を経たが,磋牙は一効も獲ない結果に終わりました。

17年後の,1987年10月に来診した時,患者は形痩せ顔が汚れ,磋牙が頻にして劇しく,声音は響き,上下の歯は常人よりも3/5と短かく,歯は堅くて落ちてはいなかった。

平時は口渇して多飲,手足心には時に汗出があり,二便は正常,食欲もあった。

糞検では虫卵は見つかっていない。

舌紅く苔薄黄,脈は弦滑。

余は此の病者はもはや虫積の患に非ず,又腎虚の象でも無い,当に陽明経の熱が上蒸したものだと思った。

手の陽明大腸経は下歯に入り,足の陽明胃経は上歯に入る。

治は当に白虎湯にて陽明の熱邪を清すべし。

 処方:生石膏l5(先煎),知母10,生甘草5,粳米1撮。

薬進すること5剤で,磋牙は明らかに軽減した。

再服5剤にして,磋牙は停止した。

病者は更に5剤を服用して効果を鞏固にした。[江蘇中医 1990;(4):38]

按語:足陽明胃経は“入上歯中”手陽明大腸経は“入下歯中’’。

熱が陽明に鬱し,循経して上炎すると,歯磋不安となったので,白虎湯を用いて陽明経熱を清澈した。

辨証は正確で,用薬が当を得た,効を獲るのは当然である。

 伤寒名医验案精选 より

※前例に続いて手足に汗をかくのもヒントになっています。歯ぎしりの人に教えてあげたい。

|

« 自汗一白虎湯 | Main | 痒疹一猪苓湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯ぎしり一白虎湯:

« 自汗一白虎湯 | Main | 痒疹一猪苓湯 »