« 頭痛一小承気湯 | Main | 高処から落下一小承気湯 »

眩暈一小承気湯

劉和章医案:任某,女,36歳,1991年9月25日初診。
麺類ばかりを連食していたら眩暈が起った,
眼のかすみを自覚し,視物が旋転し,閉目すると止り,悪心嘔吐し,苦しさは言うに堪えず,
并せて腰酸、煩躁を覚え,脘悶して不舒,腹部は䐜脹する。
舌紅く、苔は黄厚,脈は弦滑である。
此れは気阻腸腑,伝導失職,濁気上逆の致す所である。
急ぎ熱結を軽下するが宜し,加味小承気湯を投ず。
 大黄・木香10 枳実・厚朴・姜半夏15,水煎服。
薬后1時間許りして,患者は腹中が雷鳴すると言う,
矢気(おなら)は奇臭がする,
それにつれて眩は平となり嘔は止り,既に大便も出て,便后には神清気爽となり常人の如し。
随訪を経て未だ曽つて再発せず。[新中医 1993;(2):44]
按語:諸風掉眩は,皆肝に属す“,すべて風、火、痰、虚が原因である。
然し臨証では亦例外もある,
本案の眩暈は麺類の連食が起因であり,腸腑が不通となり,濁陰が上逆して,清竅が被擾したものである。
薬には小承気加味を用い,理気導滞,通腑瀉濁,濁降清升したので,眩暈は自ら止った。
※こんなに変わった症例でも弁証が出来れば治療できるという例。

|

« 頭痛一小承気湯 | Main | 高処から落下一小承気湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 眩暈一小承気湯:

« 頭痛一小承気湯 | Main | 高処から落下一小承気湯 »