« 哮喘一小承気湯 | Main | 眩暈一小承気湯 »

頭痛一小承気湯

盧訓灏医案:盧某某,男,33歳,1991年4月6日来診。
一周前に頭痛になり,左前額から眉稜骨の痛みが尤も甚しく,手を触れることも出来ない。
これまでに某郷衛生所の西医治療を受けたが,未だ痛みは減らない。
証見:頭痛,痛みの甚しい処には灼熱感があり,大便は秘結して通らず,飲食を思わず,舌苔は黄燥,脈は実である。
証は陽明熱結である。
法は当に清泄陽明に,止痛を兼ねるべし。
小承気湯加味:大黄・枳実12 厚朴1O 細辛3。
服すこと1剤で痛みは大いに減り,2剤で痊愈した。[四川中医 1992;(9):31]
按語:足陽明胃経は“髪際を循り,額顱に至る"。
本案の頭痛は,前額から眉稜骨にかけて甚しく,又腹脹、大便秘結、苔黄燥、脈実等があり,燥熱が陽明に結聚し,循経上冲しているのが顕らかである。
故に小承気湯で清泄燥熱するを治本とし,細辛を佐として止痛するを治標とする。
※陽明頭痛に細辛を用いるのは何故だろう?白芷では?

|

« 哮喘一小承気湯 | Main | 眩暈一小承気湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 頭痛一小承気湯:

« 哮喘一小承気湯 | Main | 眩暈一小承気湯 »