« 両手撮空一小承気湯 | Main | 哮喘一小承気湯 »

脱肛一小承気湯

劉和章医案:李某,女,8歳,1991年8月3日初診。
父代訴:患児は1990年に痢疾を患って后,大便が常に通暢せず,排便時に直腸が肛外へ脱出する。
ここ7日は感冒咳嗽に因り加重して,行走時にも肛門が脱出したままである。
微煩し,小便数,午后に潮熱あり,口渇し,大便秘し,脘腹が痞満している。
形体は壮実,すでに辛辣煎炒の食物を嗜食している。
面赤く唇紅,肛門が脱出し、紅く腫れ,舌紅く、苔黄,脈は実で有力。
気滞腑実の証だから,治は降気通便するに宜し。
小承気湯加減:枳殻10 檳榔・大黄(后下)8 厚朴5。水煎服。
3剤の后,大便は通暢し,脱肛は軽減した,
原方から大黄を去り,再進すること1O剤の后,脱肛は痊愈した。
熱性食物を食べないよう,大便の通暢を保持するようにと言い渡した。
随訪半年になるが,未だ再発していない。[新中医 1993,(2):44]
按語:脱肛の証といっても,全てが気虚下陥ではない。
腑実熱壅に因り,絡傷気滞の者にも,亦現れる。
其の証は必ず便秘して泄瀉することは無いし,必ず形体は壮実で神疲することも無い,
必ず脘腹は脹満して小腹が下墜することは無い,
必ず舌紅く苔黄で脈実であり、舌淡苔薄脈虚弱では無い。
治は腑実を通下するのが宜しい,
腸道の気機を通暢させれば,肛脱は自から戻る。
※便秘でいきみ過ぎて脱肛になるのに使える。

|

« 両手撮空一小承気湯 | Main | 哮喘一小承気湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脱肛一小承気湯:

« 両手撮空一小承気湯 | Main | 哮喘一小承気湯 »