« 不妊一半夏瀉心湯 | Main | 咳嗽一猪苓湯 »

咳(咯)血一猪苓湯

厳忠医案:呉某某,女,38歳,1985年1O月1日診。
素もと咯血の病史があった。
二日前に隣家と口角反目(喧嘩)して頻繁に咯血した,
昼夜碗に盈ちるほどで,色紫で塊があり,形痩せ脇痛を伴い,面黒く神疲,月経は40日経っても来潮せず。
検査:心肺(一),体温37℃,苔少舌質紫,
治は利水化瘀,清火寧血法に宜し。
猪苓湯加味:赤猪苓・阿膠1O 沢瀉5 滑石30 水蛭・大黄・黄芩・炒山梔1O 白茅根30。
進薬3帖で,咯血は止り,服完5帖で,痊愈を欣告した。[江西中医薬 1989,(4):24]
按語:咳血はまた咯血とも曰い,咳する時に血を咯出したり,痰中帯血となったり,鮮紅血のみで,泡沫を夾んだりする。
本証に猪苓湯で治療した,渊源は唐容川の《血証論》ある。
唐氏は《血証論・咯血》の中で,“腎気が下行すると水は膀胱に出るのだが,腎経が膀胱へ気化しなければ,膀胱への水は上行して痰となる。膀胱は,胞の室でもあり,膀胱の水は,火に随って上沸し,胞血を引動して上げると,水病が血病を兼ねることになる。“
咳血の病理機転を指摘し,又次のようにも説いている:“此の論は古えより未だ言及されていないが,予が《傷寒論》から悟出したのは,千慮の上の一得で,秘してはおけない,医者が此れを知れば,治咯の法を知り,治痰の源を知るだろう。仲景の猪苓湯は膀胱の水を化すと同時に,滋血をも兼ねるゆえ,最も合法的である。“
本案の咳血病は暴怒から起り,肝火の鴟張(傲慢)が,下の腎陰を劫かし,膀胱に対して腎気不化をもたらし,胞血上行を惹動した故である。
故に猪苓湯で滋腎し以って膀胱の水熱を瀉せば,熱は小便に随って去ると同時に,血は自から下行して胞に入り,咳血は自から愈える,此れが上病は下に取るの謂也。
唐氏の論は,非現実的だが,臨床的には実際よく符合する。
※「上病は下に取る」の一例か?

|

« 不妊一半夏瀉心湯 | Main | 咳嗽一猪苓湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 咳(咯)血一猪苓湯:

« 不妊一半夏瀉心湯 | Main | 咳嗽一猪苓湯 »