« 腹水(臌脹) | Main | 陰虚傷寒案 »

傷寒戦汗案

通俗傷寒論』については本ブログで六回にわたり報告をした事がある。
その通俗傷寒派の学風を「紹派傷寒」ともいい、この度は中国中医薬出版社の『紹派傷寒名家験案精選』を入手したので、その一部の意訳をしたいと思います。

Photo

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
余嘗つて一衰翁を治した,年は七十を越えている,突然傷寒を患い,初起にすぐ温補を用いて調理し,十日以上して,正気が将に復さんとして,急に戦慄しはじめ,夜明けから辰の刻(九時)になるも,汗が出ず,寒戦するばかりで危険となり,急ぎ余が呼ばれた。
余は六味回陽飲を用い,人参一両,姜附各三銭を入れ,煎服させた。
飲んで少しした頃から,大汗が出て浴るが如くなり,時将に正午に及ぶが,浸汗は収らず,身は冷えて虚脱するが如く,鼻息は無くなり,復た余を呼びにきた。
余は前薬を,復た與えた。
呼びにきた者曰く,先に服したのも此の薬で,已に大汗して堪えず,今又此れを服せば,はたして再汗に堪えられるだろうか?
余笑って曰わく,此の中に神あり,あなたには分からないだろうが。
急ぎ再進させると,遂に汗は収まり神が回復し,旬日ならずして起きることができた。
嗚呼!発汗に此れを用い,収汗にも復た此れを用いるとは,人々の疑念もまた不思議ではない。しかし汗が出たり収まったりするのは,皆元気が為すことです。
按:傷寒の戦汗は,本虚にして正邪交争の象なり。
景嶽は嘗つて曰く:"傷寒解せんと欲して,将に汗ある時は,若し其の人が本虚で,邪と正の争いが,微なれば振え,甚しければ戦き,正が邪に勝てば戦汗して解す。"
此の案は高年にて陽は衰えており,寒邪が外感しても,戦しても汗が出ず,六味回陽飲を進めたのは,正を助け邪に敵対する為です。
薬后に周身から汗が出て,四肢が温転するのは佳い,反って大汗が洗うが如くなり,身冷えて虚脱の如くなるのは,元気の本が衰え,正気が続かないからである。
景嶽は復た原方を授けて,回陽救逆し,本の元気を壮実にした。
先后二度の授薬は,一つは治陽逐邪のため,一つは温陽救急のためである,"元気"を把握すれば即ち開闔の枢機は,放つも収めるも,運用は自在となる,汗を見て汗を治すのと同日に語るべからず。
附:六味回陽飲(人参10~20,制附子2~3,炙甘草1~2,炮干姜2~3,熟地5~10,当帰3)
 《紹派傷寒名家 験案精選》張景嶽医案 より

|

« 腹水(臌脹) | Main | 陰虚傷寒案 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 傷寒戦汗案:

« 腹水(臌脹) | Main | 陰虚傷寒案 »