« 陰中求陽治下膈案 | Main | 利湿熱治腰痛案 »

食停小腹大攻無効案

食に因る腹痛,或いは滞物に因る腹痛は,皆中脘に停積するから,須らく食事法にて治すのが,正法である。
然し又小腹に食停する者もある,
余は嘗つて一上舎を治したことがある,年のころ三旬,午後に水煮面角(茹で麺)を食べたが,夜になって,食が小腹に及び,下って右側に至ると,停積したまま行かなくなり,堅く拳のように突出した,大きさは鵝卵の如く,痛みの劇しさは,名状しがたい。
余は治に当たり,明らかに麺積であることは,顕らかで疑いが無い,然かも已に大腸に入っている,此れは正しく通ずれば痛まずの証である。
そこで木香檳榔丸を與え,連下すること二三回,其の痛み故の如し,因って薬力が緩かったために,未だ病に及ばなかったかと疑い,更に神祐丸を投じて瀉したが,又効かなかった。
余は此れはきっと薬性が皆寒だったので,滞って行らないのだと謂った。
因って再び温性の備急丸を投じた,連続して大瀉を得ると雖も,堅痛は毫も減らず。
これは,麺に因るものではないのではないか?
これだけやっても及ばないなら,借気を以って行らす以外にはないのではないか。
麺毒は大蒜に非ざれば殺せず,気滞は木香に非ざれば行らず,又其の滞は深く穀道は遠い,精鋭のものに非ざれば送れず,そこで火酒に木香末を混ぜ込み,生蒜一瓣を嚼ませ,香酒で飲み込ませた。
一服の后,痛みが稍や減るように感じた,三四服の后,痛みは漸く止り食も漸く進み,痊愈することが出来た。
然し痛みが止り食が進んだと雖も,小腹の塊は仍お在り,その后半年許りして,始めて消尽した。
是れに由り,食滞を消したくても,大黄、巴豆の及ばぬ所がある事が分かる,そういう時は行気を先にするのが宜しい。
飲食下行の道は,必ず小腹の下右角間より,広腸へと出る,此れは古えより誰も言及していない,故にここに筆記し広く人に知らせよう。
按:病が下に在れば下より解するのが宜しい,勢いに因り治すのである。
食停が小腹にあれば,治は攻下を用いる,それは"下に在る者は引いて出す"という目的に沿うものだからです。
但し数投しても応じなければ,もっと深く思索しなければならない。
景嶽は潜思静慮して,終いに食の停る所を悟り,また寒熱の差を考え,麦性が寒に偏し,寒が留れば気も滞るからと,治すには"行気を先にする"のが宜しいとした。
薬に大蒜、木香の,辛香流気の品を選び,麦の毒を解して壅滞の気を行らせるのに,さらに善く行る酒を引とし,病所に直達させた。
薬は簡単で力が強く,配伍をよく考えているのは,吾輩の鑑とするに値する。
 《紹派傷寒名家 験案精選》張景嶽医案 より

|

« 陰中求陽治下膈案 | Main | 利湿熱治腰痛案 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食停小腹大攻無効案:

« 陰中求陽治下膈案 | Main | 利湿熱治腰痛案 »