« 陰寒中臓 | Main | 命門火冷 »

寒が少陰に直中

中寒治案六則-3
ある冬月に陰寒に直中した,吐き泄し,身に発熱あり,人は傷寒の伝経症だと謂うが,寒が少陰に直中したとは知らない,伝経には非ざる也。
陰寒に直中すると,原より身熱は無いはずなのに,なぜ熱くなるのか?
此れは正に陽と陰との戦いで,邪が旺で正が弱く,斗争して熱を成すのである。
若し伝経による少陰症なら,必ず数日后に始めて吐瀉する,未だ初感一日で身熱し,上吐下瀉している,故に直中であり,伝経には非ざる也。
直中は,邪が裏に即入する;伝経は,表より裏に入る。
 人参附子茯苓湯:人参10 茯苓5 附子1銭。
一剤で吐瀉は止り,身熱は退いた。
鐸按:どうして其んなに速いのか?
此の症はもと陽気が弱く,陰気が盛んなるに因る,故に発熱した。
陽気を助けて,陽気が旺んになり,陰は自ずと衰えた。
又佐となった附子は勇猛で,囲敵を突破し,容易に成功へと転じた。
且つ茯苓は水気を分消し,胃土が安きを得,上下の間に陽気が升降した,陰邪はもはや冲決できない。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 陰寒中臓 | Main | 命門火冷 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寒が少陰に直中:

« 陰寒中臓 | Main | 命門火冷 »