« 小児瀉痢浮熱案 | Main | 瀉胃火治嘔吐案 »

塞因塞用治腫脹案

余は嘗つて一陶姓の友を治した,年は40代,傷寒に患っていたが,医師が誤治をして,呼吸困難で危うくなった。
大剤の参、附、熟地の類で,幸い挽回することが出来た。
愈えて后飲みすぎて,二月経たないうちに,忽ち足股が尽く腫脹する病となり,腹に及び,按ずると鼓の如く,堅硬である。
前回の病は,中気の本が傷ついたからだったし,近日の病は,酒湿に因る,だから今度も加減腎気湯で治らぬはずが無い,遂に数服を連進させたが,何も変わらず,終いに効なく,人は皆治らないものと思った。
余は其の前后を熟慮して,病は本より脾腎大虚に因る,今滲利を兼ねれば,補力は減去してしまい,実に漏れ放題にならないか?
それでは元気は回復不能で,必ずや病は退くことが出来ない。
遂に悉く利水等の薬を去り,参附理陰煎を専用し,仍お白朮を加えた,大剤を與えた。
三剤で足腫は漸く消え始め,二十余剤で腹脹は尽く退いた。
愈えた后,人は皆嘆服した。
曰く:"此の脹にして,此の治を用いるのは,何も不思議では無い! 以後は凡そ全ての虚者を治すには,悉く此の法を用いれば,一つも効かないことは無い。妙法の中に,更に妙あり,用いる者の腕次第である。塞因塞用,これがポイントである,学ぶ者は切に此の意を識るべし。"
按:傷寒で誤治し,中気が先ず抜け,復た嗜酒に因り,寒湿が内盛となった。
加減腎気湯は治陽行水で,実に対症しているのに,反応が無かったのは,粗雑な仕事だったからで,手抜きである。
景嶽は滲利薬の弊に明達しており,脾腎大衰の本を認めているので,《内経》の"塞因塞用"の旨を守り,遂に参附理陰煎で,真陽を温め,命門を壮んにし,混乱をしずめて正常にもどした。
已に故名医の嶽美中は指摘している,腎気丸は利水が有余で,温陽が不足していると,誠に経験者の語である。
附:参附理陰煎は熟地黄,当帰,炙甘草,干姜(炒黄色),人参,制附子,或いは肉桂を加える。
 《紹派傷寒名家 験案精選》張景嶽医案 より

|

« 小児瀉痢浮熱案 | Main | 瀉胃火治嘔吐案 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 塞因塞用治腫脹案:

« 小児瀉痢浮熱案 | Main | 瀉胃火治嘔吐案 »