« 命門火冷 | Main | 寒中腎で身は動けず »

小腸と腎の同感

中寒治案六則-5
少陰腎が邪気に感じて,小腸が痛み,両足が厥逆した,人は寒邪が腎に直入したと謂うが,腎だけでなく兼ねて小腸腑にも入っているのを知らない。
腎は,臓なり,臓は腑より重いのに,どうして邪が小腸に入っていないと辨ずるのか?
そのように辨症が正しくないと,薬も定めて効が寡ないだろう。
腎は二陰に開竅し,又腎は大小便を主ると曰うが,腎が寒なれば小腸も亦寒となるし,腎を治せば小腸も亦愈える,小腸と腎が寒を同感したことを知らないのだ。
寒が小腸に客すれば腹痛し脈は通らない,脈が通らなければ,両足が厥逆せずにおられようか?
要は小腸を治す必要は無く,腎を治すことである。
腎を治すとは,腎を温めるなり,腎が温まれば小腸が温まる
 止逆湯:附子一銭,白朮三銭,前子三分,呉萸五分。
一剤にて痛みは除かれ厥は止った。
鐸按:方用の附子は祛寒し,呉萸は通気する,白朮、車前を加えれば腰臍を利し湿は消える,小腸を治しているのではない,実は腎宮を温めているのだ。
命門が熱ければ,小腸の気化は自ら行われ,通らぬ所はない。
故に痛を治さなくても痛みは除かれ,逆を転じなくても逆は定まった。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 命門火冷 | Main | 寒中腎で身は動けず »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小腸と腎の同感:

« 命門火冷 | Main | 寒中腎で身は動けず »