« 寒が少陰に直中 | Main | 小腸と腎の同感 »

命門火冷

中寒治案六則-4
ある陰寒の直中で,腎が独り受け,身と手が顫えた,人は寒が骨中に入ったと謂うが,誰も命門の火が冷え,陰寒を外へ拒むことが出来ないのを知らない。
命門は十二官の主,人は此の火があれば生き,無ければ死す,火が旺んなれば一身に運用され,手足は自ら温かい;火が衰え上下に通達できなければ,一身は皆冷える,何うして手足を温めることが出来ようか?
故に命門が火旺なら,寒邪を拒むが,火衰が極まると,陰寒は内逼し,腎宮に直入する,命門の火は寒邪が盛んになれば,畏れて同居することはできない。
身が顫えれば自主なり難く,手が顫えれば外衛し難い。
法は命門の火を温補するのが宜しい。
主が弱くなければ后に陽気が旺んになり,上下に通達し,陰消え寒散ずれば,心宮を冲犯しない。
 直中陰臓第一方:附子・丁香1 肉桂・白朮2銭。
一剤で寒は祛り,身手は定まった。
鐸按:方は尽く陽薬である,陰症を治すには固より宜しいが,急症なのにどうして少ない分両で,成功したのか?
火は外越することを欲するので,少しの助火ですぐに宮へ回る
火が既に帰り,又余火の相助があれば,命門は火旺となる,祛寒を論ずるまでもなく,寒は已に火を望むや遁出している。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 寒が少陰に直中 | Main | 小腸と腎の同感 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 命門火冷:

« 寒が少陰に直中 | Main | 小腸と腎の同感 »