« 寒気の七腑直中 | Main | 寒が少陰に直中 »

陰寒中臓

中寒治案六則-2
ある厳冬に忽ち陰寒に感じ,唇青く身は冷え,手足の筋脈は拘急し,吐瀉し,心腹は痛み,嚢は縮まり,指の甲は青く,腰は俯仰し艱い,此れは陰寒中臓である。
中臓は中腑より重い,寒が五臓に入ると,分治した方が宜しいようだが,然し必ずしも分けることはない,直かに命門の火を温めれば,諸臓の寒は尽く散ずる
命門は十二経の主なり,主が亡ばなければ,心君は殿から下らず;肝木は游魂することなく,肺金は魄散とならず,脾土は崩解せず。
惟だ命門が既に寒となれば,陽は陰に逼られ,腎外に越出すれば,五臓は独り安んずる能わず,各おの陽に随って倶に遁る。
故に中臓は必ずしも五臓を治すことはない,命門を温めれば寒邪は解する。
然りと雖も,五臓が虚せば,大兵は到る処にあり,群妖を掃蕩しようとしても,粮草なし,どうして命を保てるか?
此の命門は温めるのが宜しく,五臓の気も亦補うことが出来る。
 蕩陰救命湯:人参10 白朮・熟地・附子・茯神2 肉桂1 棗皮(山茱萸)2。
一剤で陽は回復し,再剤にて痊愈す。
鐸按:どうして神速なのか?
寒が五臓に入ると,命門の陽は外へ出されるが,其の陽を回復させれば, 寒気は臓に留まらない。
方用の参、朮は君で,心、脾を救う,附、桂、棗皮で,腎も亦救われる,肺、肝が独り缺けるが,回陽に一刻を争うのだから構っておられようか?
五臓を寒邪が犯すことは無い,大体は腎を犯した后では脾を犯し、心を犯し,ついには肺を犯すが、肝は余り犯さない
故に専ら心、腎、脾を固めれば,肺、肝は已に守られている,況んや参、附を并用すれば,達しない経は無い,肝肺に入らない事があろうか?
況んや補肝、補肺は皆収斂薬であり,祛邪には出させてこそ,どうして邪を留めて入らせるのか?
倘お収斂を用いて肝、肺を補い,反って参、附の手を制しては,迅く蕩陰はできない。
此れは用薬に雑ならざるの,秘義である。
或いは収斂で肝肺を補うことは出来ないと云っているのに,どうして熟地、棗皮で補腎できようか?
嗟呼!此れは又通らない論である。
腎中の水火は元より相い離れず,附、桂の大熱は回陽するが,腎中が干燥する事は免れない,しかし回陽の后に腎水を補って済陽すればよい,何も火が必要な時に微かな事をして得があろうか。
ゆえに附、桂の中に熟地、棗皮を用いないのは,火を制する事のないようにする為である。
且つ火は水を得て帰原し,水は火を招いて宅に入る。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 寒気の七腑直中 | Main | 寒が少陰に直中 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陰寒中臓:

« 寒気の七腑直中 | Main | 寒が少陰に直中 »