« 少陽の腹満自利 | Main | 腎水が枯れても厥症は起こる »

畏寒は必ずしも少陰に非ず

傷寒証治案五則-4
ある冬月に傷寒にかかり,身熱すること四日,畏寒已まず,人は太陰から少陰へ転じたと謂うが,まだ太陰症であることを誰も知らない。
太陰は脾、少陰は腎で異なる。
然も脾は湿土で, 土中に湿を帯び,土には元より水象がある,故に脾寒は即ち水寒でもある,故に必ずしも邪が腎に伝わらなくても,早くから畏寒がある。
法は必ずしも治腎にあらず,専ら治脾すれば,寒症は自ら消える。
 理中湯加減:白朮10 人参・茯苓3 肉桂・附子1銭。
一剤にて寒熱は解した。
鐸按:方用の桂、附は,少陰腎を治すようだが,然し参、朮が君だから,治脾である。
況んや脾、腎は元より同治はできる,参、朮は治脾でありまた治腎でもある;況んや桂、附を得れば,達しない経はなく,独り脾に留るとも云えない。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 少陽の腹満自利 | Main | 腎水が枯れても厥症は起こる »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 畏寒は必ずしも少陰に非ず:

« 少陽の腹満自利 | Main | 腎水が枯れても厥症は起こる »