« 5.中風 | Main | 6.陽痿 »

震顫麻痺(パーキンソン氏病)

朱東奇医案:姜某某,男,42歳,1982年11月2日初診。
半年前に田圃で労動していた時,わが子が車禍に会ったと急報があり,子を抱いて医院へ急いだ。
途中で雨に逢い,着衣が薄かったのと,心情が慌てており,全身から汗をかいていたのとで,翌日は肌体に違和を感じた。
周身困重,時に寒熱あり,語言遅緩,腹脹納(食欲)少となった。
継いで筋惕肉顫し,手は細かい動きが出来ず,歩行が危なくなり,全身は痿軟無力で,肢体が麻冷となった。
某地の医院検査では“パーキンソン氏病"といわれ,ドーパミン等の薬治をして,上述の症状は一度緩解したが,后又復発した。
この半月は諸症が悪化し,臥床が出来なくなり,中医に転じた。
脈弦滑,舌紅苔黄厚根膩,口粘発苦,大便干結,小便色黄。
患者は平素から禀性沈黙,寡言少語であったが,あの時の驚恐内傷に,風雨の外襲を加えて,内外の原因が合わさって病となったものである。
且つ久病のことで,憂慮が日に増し,肝気鬱結,横犯脾土となった。
疏肝理脾,解鬱安神,清熱鎮驚の治療をしなければならない。
 柴胡加竜骨牡蛎湯(柴胡12 黄芩1O 竜骨・牡蛎15 桂枝6 茯苓・半夏1O 党参12 大黄6 丹参15 百合12 生姜3片,大棗6枚),水煎服。
服薬5剤で症状は大いに減り,身体が緩み,肌肉震顫が少なくなった。
原方から大黄、茯苓を去り焦三仙10、莱菔子10を加えて,継服すること5剤。
后は逍遥丸にて1月余調理をした。
按語:本案の病変部位は主に肝である,肝は筋を主り、魂を蔵する,驚嚇を卒受して,肝気が逆乱して,ついに筋肉顫動,痿軟無力,神情恍惚等の症となった。
本方で疏肝理気,解鬱安神,清熱鎮驚したところ,方証が相符して,良効を獲た。

|

« 5.中風 | Main | 6.陽痿 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 震顫麻痺(パーキンソン氏病):

« 5.中風 | Main | 6.陽痿 »