« 痛みのあまり縛って欲しい | Main | 木炭を嗜食する »

脱腸、蛇の如し

奇症治案-2
人の糞門内に拖出する一条あり,蛇に似て蛇には非ず,時々進み出るが,便糞の時に,碍げにはならない,此れは乃ち大腸湿熱の極みが,此の怪物を生じ,直腸の間で長じ,蛇には非ず,肉なり,但だ伸縮すること意の如く,蛇に似ている。
法は湯薬を内用し,点薬を外用すれば,自然に消化する。
 内用:当帰・白芍10 枳殻・檳榔1 蘿卜子3 地楡5 大黄1銭,水煎して,飯前に服す。
 二剤の后,外用:冰片を点ずる。
先ず木耳一両の,煎湯で洗う,洗った后に冰片一分を,研末にして掃く,掃き尽せばすぐに縮んで愈える,まさに神験である。

|

« 痛みのあまり縛って欲しい | Main | 木炭を嗜食する »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脱腸、蛇の如し:

« 痛みのあまり縛って欲しい | Main | 木炭を嗜食する »