« 陰陽拂乱 | Main | 尿口閉塞 »

中暑による干霍乱

暑症治案三則-3
暑熱に中り,腹が疼痛して,吐かんと欲して能わず,泄せんと欲してもできない,人は干霍乱だと謂う。
霍乱は何をもって干湿を分けるか?
吐瀉しないからである。
邪が胃に在れば吐く,それが邪の越上である,腹に在れば泄する,それが邪の趨下である。
越上した邪は中へは入らず,趨下した邪は内には入らない。
今吐かず泄せず,中焦に堅居して,皇城に反叛ある如し,四境は安きと雖も,腹心の禍はたちまち乱に変る,禁門は血まみれとなり,内殿には屍体が横たわり,身を顧りみず奮闘する将も,矢を受ける,もはや一刻の猶予は無い,禍乱は始まっている。
 人参瓜蒂湯:人参一両,瓜蒂七个。
煎じて飲めば,すぐに吐いて愈える。
鐸按:此の脈は必ずや沈伏である,吐かなければ死す。
古くは瓜蒂を用いるだけで,人参は加えない。
胃気虚なる,故に中暑となった,今大吐すれば,胃は必ず更に傷つく,故に人参を用いて,吐中に胃を安んずる。
且つ胃は素もと虚のため,暑邪が壅塞した,瓜蒂を用いても,気怯のため上送できず,吐かんと欲して能わず,吐いても多くないと,邪は終に出難い。
人参一両を用いれば,陽気が大いに旺んとなり,能く祛邪するだろう。
瓜蒂を得れば,大吐せずにはおられない。
邪を散じれば正気は無傷である,内乱は収まり,君臣が復帰して,安寧となる。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 陰陽拂乱 | Main | 尿口閉塞 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中暑による干霍乱:

« 陰陽拂乱 | Main | 尿口閉塞 »