« 陽物不倒 | Main | 痛みのあまり縛って欲しい »

口干不寐

燥症治案五則-5
夜になっても寐られない,口中は無津で,舌が干燥し,或いは開裂し,或いは瘡点を生じる,人は心火が起きたと謂うが,誰も燥が心に在るのを知らない。
心は火に属し,腎水の滋いが必須である。
水が心を滋さないと,舌は,心の苗だから,必ず燥いてしまう。
夜に至り,心気が腎に入ろうとするが,腎中が無水であれば,入ることが出来ず,故に不寐となる。
心津を大補するが宜しい,則ち心が燥かずば,口舌は自ら潤う。
然し徒らに補心するだけでは,心液は必らずしも大いに潤うには至らない。
心津とは,腎内の精なり。
腎水が上って心と交われば,既済と成り,尤も補腎生心となる。
 心腎両資湯:人参・茯神・炒棗仁・沙参・棗皮・芡実・山薬3 柏子仁・北味1 麦冬5 熟地10 丹参・菟絲子2銭。
十剤で夜臥は安んじ,口中に生津し,諸症は尽く愈えた。
鐸按:此れは心腎同治である,補火すれば水は満ち,補水すれば火が相生する。
故に火を焚かないほうが,反って優れているのです。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 陽物不倒 | Main | 痛みのあまり縛って欲しい »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 口干不寐:

« 陽物不倒 | Main | 痛みのあまり縛って欲しい »