« 口干不寐 | Main | 脱腸、蛇の如し »

痛みのあまり縛って欲しい

奇症治案-1
張仲景曰く:大腿が腫痛し,堅硬くなって石の如し,痛苦は異常なほどで,縄で足を縛り,梁上に高く懸けると,疼みは乃ち止む。
放下すると痛みは又斬られるが如し,腿中に大響声あり,前の腫れが大臀の上へと移り,腫れて丸い笊の如し,着席できず,将に布ポケットが付いたようである,其の疼みはまだ耐えられるが,此れは祟気である。
 生甘草一両,白芍三両,水煎服。
生甘草は専ら毒気を瀉し,白芍は肝木を平し止痛する,痛みが止れば腫は消える,毒が出れば祟りは途絶する。

|

« 口干不寐 | Main | 脱腸、蛇の如し »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 痛みのあまり縛って欲しい:

« 口干不寐 | Main | 脱腸、蛇の如し »