« 膀胱に入った火邪 | Main | 傷風が肝に入る »

春温の傷風

春温治案七則-5
傷風にかかり,頭痛発熱し,盗汗が微かに出て,風に当たるのを畏れた,人は太陽の傷寒と謂うが,誰も春温の傷風であり,傷寒に非ざるを知らない。
頭痛は太陽に属す,然し風は脳に入っても,頭痛を作す,身熱頭痛すれば便ち太陽症と謂うことは出来ない。
風は皮毛より入る,肺は皮毛を主り,肺は鼻に通じ,鼻は脳に通ずる,風が肺に入れば,自ら能く風を引いて脳に入り頭痛を作す。
肺気が旺んであれば,腠理は自ら密となる,だが皮毛が疏であれば,風は容易に入る事が出来る。
肺気が虚であれば,風は襲い易く,邪正が相い斗う,故に発熱する。
しかし肺気が虚だと,邪に敵対することが出来ない,ゆえに盗汗が微かに出るだけである。
此れは明らかに傷風であり,傷寒として軽治してはならない。
況んや傷寒ならば悪寒するが,傷風だから悪風であり,今は畏風であり畏寒ではない,急ぎ其の風を散じないでどうする?
然し邪の湊る所では,其の気は必ず虚している。
だから肺気を補えば,表の風邪は自ら愈える。
 益金散風湯:人参0.5 甘草・紫蘇・荊子・花粉1 北味三粒 麦冬・桔梗3銭。
三剤で痊愈した。
鐸按:方は補よりも散ずるほうが重いのに,何ぜ益金と名づけるのか?
肺が邪に傷つき,其の気が甚だ衰えているのを知らないで,重薬にて大補すれば必ずや受け難いだろう,そうではなく散表の中に少し補益すれば,邪は出やすく,正も又内養されるから,これの方が善い。
 紹派傷寒名家験案精選 陳士鐸医案より

|

« 膀胱に入った火邪 | Main | 傷風が肝に入る »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春温の傷風:

« 膀胱に入った火邪 | Main | 傷風が肝に入る »