« 8.歴節(リウマチ) | Main | 10.面瘫(顔面神経麻痺) »

9.胆胃病

胆胃病の,多くは脾湿肝鬱,胆胃不降であり,甲木が戊土を克伐して起こる。
【脈証機理】
平人は脾胃冲和しており,脾の清陽は左から升り善く消磨し,胃の濁陰は右から降り善く食を納める。
脾気が升れば肝気も之に随って升る,胃気が降りれば胆火は之に随って降りる,肝胆が調暢しておれば鬱滞はせず,気機は暢利となり,脇痛は起こらない。
情志が刺激され,飲食に所傷があれば,脾湿肝鬱となり,運化は遅滞し,中焦は壅満し,胆胃が和降の性を失い,滞って降りなくなる。
甲木が脘脇を横冲し,克伐戊土となれば,脘脇疼痛を病む。
気滞が過重となれば,痛み劇しく死せんと欲す。
逆して上冲すれば,肩背を貫き,右肩や右側の胸背が痛む。
乙木は君火を生じ,甲木は相火を化生する,脾胃が不調になり,肝胆が鬱滞すれば,火象を現わす。
君相が升炎し,肺金に刑逼すれば,肺家は燥熱となり,降斂は失司し,上熱燔蒸となる,故に口苦咽干舌燥となり,頭昏心煩して善く噫す,胸脇は脹悶し,納差食減などの諸症が起こる。
《霊枢·脹論》に云わく:“胆脹とは,脇下が痛脹し,口中苦く,善く太息する”,即ち此を指す。
土木が鬱迫し,滞って降りず,故に脈は細濡、稍弦、関寸大を現わし,舌苔は白厚膩となる。
上熱が偏重となれば,多くは胆嚢炎である。
【治則】
健脾疏肝,平胆和胃,理気寛胸,化瘀止痛。
【方薬】
(茯苓9 甘草6 黄芩炭9 白芍15 丹皮9 陳枳実12 全瓜蒌・半夏9 鬱金9-12 延胡索9 川楝子6-9 北沙参12 白蔻仁4-6)
【方解】
茯苓、甘草,健脾緩中;黄芩炭、白芍、丹皮,平胆疏肝;鬱金、北沙参、陳枳実、全瓜蒌、半夏,清肺利気,寛胸降逆;川楝子、延胡索,化瘀止痛;白蔻仁,和胃順気。
【加減】
口苦、咽干、舌苔黄厚膩者,去茯苓,加柴胡9克,平胆疏肝以退熱。
口干渇飲,舌苔白厚膩者,去全瓜蒌,加天花粉12克,清肺生津以止渇。
鬱熱不退,発焼者,加竜胆草6-9克,清相火而退鬱熱。
病久しく反復発作し,上熱が軽くて肝陰虚象が顕れると,多くは胆結石となる。
脇痛重滞し,痛みが右肩胸背に連り,重ければ絞痛驟作し,頭汗淋漓として,頭昏頭暈し,心慌気短,口舌干燥,胸脇悶満,納差食減となる。
脈は細濡、滞渋、稍緩、関寸大を現わし,舌苔白膩、或いは舌辺尖が暗紅となる。
【治則】
健脾疏肝,理気寛胸,化瘀止痛,滋肝潤燥。
【方薬】
(茯苓9 甘草6 白芍・丹皮9 制首烏18 陳枳殻9-12 杏仁・半夏・鬱金9 延胡索・川楝子6 天台烏9 白蔻仁4-6)
【方解】
茯苓、甘草,健脾緩中;白芍、丹皮、制首烏,疏肝平胆,滋肝潤燥;鬱金、陳枳殻、川楝子、半夏,理気寛胸降逆;天台烏、延胡索、川楝子,理気化瘀止痛;白蔻仁,和胃順気。
【加減】
上熱者,加黄芩炭6-9克,以清相火。
腹脹者,加沢蘭15克、川厚樸12克,行気化瘀以消脹。
脾湿肝鬱,大便初干者,加肉苁蓉15克,潤腸以利便。大便較稀,脇痛重者,加炙米殻5克,斂腸止瀉,緩急止痛。
下寒明顕,納差怕冷者,加干姜3克,温暖中下以祛寒。
若無白蔻仁,以草果仁4-5克代之。
【按語】
胆胃病には胆嚢炎、胆結石等の胆胃気滞疼痛の疾患が包括される。
胆嚢炎、胆結石は,均しく胆胃気滞,相火上炎して起こる。
肝胆は同気ゆえ,胆火が上炎すれば,肝家もまた燥熱を現わす。
火熱が壅滞し,気機不利となり,木鬱克土となれば,初病は上熱痛重となる。
胆汁の化生は,肝に来源する,肝家が燥熱となれば,胆汁は凝稠し,復た相火の煎熬を経て,必ずや結晶が析出する。
胆嚢が蠕動すれば,結晶が摶結して,“砂”、“石”の状の如し,胆結石なり。
結石が胆管を梗塞し,阻滞して不通となる,故に絞痛を作す。
此の際には多くは肝陰虚象を兼見する。
治療には平胆疏肝、寛胸降逆、化瘀止痛を主とする。
初病には清上熱を兼ね,久病には滋肝陰を兼ねる。
肝陰が足りれば,胆汁は凝稠から稀薄に変り,結晶は溶解し,結石が無くなる。
此の症は初起を除けば胆胃気滞に因り,火熱の象が明顕である外に,脾湿の象を,伴うことが多い。
ゆえに本病の病機は,肝胆が燥熱となり,脾腎が湿寒となることが多い。
故に治療には健脾滲湿が併せて求められ,久病下寒者には,干姜で暖下することが求められる。
上熱には清泄すべきだが,但し元に戻れば止める,寒凉が傷中し,脾湿を助けるのを防ぐためである。
滋肝陰しても助脾湿とならず,滲脾湿しても傷肝陰にならないことが,本病治療の大法である。

|

« 8.歴節(リウマチ) | Main | 10.面瘫(顔面神経麻痺) »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9.胆胃病:

« 8.歴節(リウマチ) | Main | 10.面瘫(顔面神経麻痺) »