« 首の寝違え3 | Main | 四肢煩熱1 »

益気聡明湯

この処方は文字通り耳目を聡明にする事を目的としていますが、実際にはその応用の広さにビックリします。
突発性耳聾、耳鳴、慢性鼻炎、慢性頭痛、偏頭痛、眩暈、白内障、複視、頚椎病、落枕、痴呆症、高血圧、重症筋無力症など首から上の症状なら何にでも応用されています。
おそらく首肩の凝りにも効くのではないでしょうか?

方剤心得十講-焦樹徳』には次のようになっています。

五臓、六腑は皆 気を脾胃から禀ける,十二経脈の清陽の気は,皆 頭面へ上達し空竅に走る。
如し飲食労役に因り,脾胃を損傷し,后天が不足し,冲和之気(陰陽調和の気)が上升不能となれば,邪は空竅を害し目昏が現れ,或いは内障、耳鳴耳聾等の症が生ずるが,本方で治療できる。
本方の参、芪は甘温にして脾胃を補う;甘草は甘緩で脾胃を和す。
葛根、升麻、蔓荊子は軽揚升発し,能く陽明に入り,胃気を鼓舞し,頭目に上達する。
目は肝竅、耳は腎竅である,故に又白芍で斂陰、和血、柔肝する。
黄柏は補腎生水し,清熱、堅腎する。
此の二薬は平肝補腎である。
諸薬が合わさって益気升陽、聡耳明目の効を達する。
また別のところの益気聡明湯では次のようになっています。
【功効】益気升陽,聡耳明目。
【主治】主治は飲食不節や,労役に因り,脾胃が不足して,清陽が升らず,白内障,耳鳴や,多年の目暗く,視物がかすみ,舌淡で苔薄白,脈は細弱。
【臨床応用】臨床では主に眩暈、頚椎病、脳動脈硬化、高血圧病、耳鳴、痴呆等の病症で脾胃虚弱、清陽不升に属する者を治療する。

|

« 首の寝違え3 | Main | 四肢煩熱1 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 益気聡明湯:

« 首の寝違え3 | Main | 四肢煩熱1 »