« 益気聡明湯 | Main | 四肢煩熱2 »

四肢煩熱1

手足の煩熱について、日本では大塚敬節の三物黄芩湯の治験例が有名です。
《漢方診療三十年》:“33歳の婦女。4年前に出産し,その后ずーっと不眠である。また手足の灼熱に苦しみ,ほてりの為に眠れない。三物黄芩湯を1周用いたら,6-7時間ほど眠れるようになり,手足の煩熱も亦無くなった。”
しかしこの処方は本来は産褥熱に使われるものです。
それが何でもない日常的な足心熱に使えるものなのか、特に清熱薬の黄芩・苦参の必要があるのかは疑問です。(必要なのは地黄だけではないか?)
以下に中医の治験例を引用して諸氏の判断を乞うものです。
王某,女,32歳,病案号29654。
初診日期1965年4月2日:もともと脾腫大で,血小板減少のため,常に鼻衄と口糜があった。
3月11日に口糜を患い,半夏瀉心湯加生石膏、生地黄を三剤服して愈えた。
今回の発作は一周前からである。
舌と下唇に潰爛ができ,痛み甚しく,口苦く咽干き,心煩ありて飲みたがる,鼻衄,苔白,舌紅,脈弦細数。
胡老は処方を改めた:生地黄8銭,苦参3銭,黄芩3銭,炙甘草2銭,茜草2銭。
二診:4月9日:上薬を三剤服して,口糜は愈え,鼻衄も止まった。
【按語】処方箋を開いて,学生は胡老に問うた,本患者にどうして甘草瀉心湯加減を用いないのか?
胡老は説いた:“本例は上熱下寒の甘草瀉心湯の方証ではなく,裏熱、上熱が明らかで三物黄芩湯の方証である。”
《金匱要略·婦人産后病》附方または《千金》三物黄芩湯:婦人草褥で薄着をして風を得て,四肢煩熱に苦しみ,頭痛する者を治す,小柴胡湯を与う;頭が痛まず但だ煩すれば,三物黄芩湯を与う,
胡老は此の条に注解した:“産后の中風で,病が久しく解せず,煩熱するようになった。若し頭痛を兼ねれば,小柴胡湯を与えればすぐに解する。如し頭が痛まず但だ煩熱するなら,已に労熱と成っているから,三物黄芩湯が宜しい,虚労や諸失血后に此の証が多いから,注意すると宜しい。“
此れを読んでようやく豁然と理解した,その患者には鼻衄、心煩等があり,裏熱が明らかである,同時にまた津液が傷ついているのも明らかである,因って此れは清熱するだけではなく,生津する必要がある。
治療時には黄芩、苦参の苦寒清熱を用いると同時に,生地黄、茜草の凉血清熱,生津増液を重用すれば,薬后には熱は除かれ津が生ずるので,衄は止り、口糜が消える。
甘草瀉心湯方証を講じていた時,胡老はある故事を語った:1970年の夏のこと河南から帰って来た時,呂尚清院長が云うには,ある某部の女軍人を数回診察していたら,数年前にベーチェット氏病に患り,胡老にかかって治愈した事があり,イタリヤに住んでいて病が又再発したので,今回も胡老の診治を受けたいと。
この西医の病名については知らなかったので,聴いて愕然とした。
あまりにも昔のことなので,胡老にはもう記憶がなかったが,問答してみると,数年前に,その患者が口糜と前陰の蝕瘡を合并して訪ねて来て,中薬を服して治愈したことがあった。
それが再発して,イタリヤではベーチェット氏病と診断された,口腔と前陰に蝕瘡があるのが主症だったので,甘草瀉心湯加生石膏を与えて服させ,別に苦参湯を与えて下陰を熏洗させたら,まもなく治った。
その時の治験例:炙甘草5銭,半夏4銭,党参1銭.黄芩3銭,黄連2銭,大棗四枚,干姜2銭,生石膏一両半。
苦参湯:苦参2両,煎湯にて坐浴する。

|

« 益気聡明湯 | Main | 四肢煩熱2 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四肢煩熱1:

« 益気聡明湯 | Main | 四肢煩熱2 »