« 5年頑固偏頭痛 | Main | 益気聡明湯と認知症 »

不射精

せっかく結婚したのに遅漏なのか射精ができないという夫婦の相談を受けたことがあります。
自慰でなら射精ができるので病院で調べてもらったところ、精子数は極度に少なかったそうです。
その時はよき答えができず長く保留になっていた問題です。
荊棘医案:崔某某,男,24歳,初診日期,1988年10月11日。
患者は結婚して二年余になるが,交わっても無射精のため,今に至るも子が出来ない。
現証は頭昏心煩,失眠多夢,精神緊張,口苦咽干,しかし夢精は頻繁にあり,舌淡紅苔薄黄,脈象細数。
此れは心火亢盛,相火離位の証である。
治は清心降火、交泰陰陽に宜し。
 甘草瀉心湯(黄連9 黄芩・党参12 干姜9 生甘草15 半夏10 大棗6枚) 5剤。
患者の陰茎は交わった后に軟らかくなるが,射精してはいない。
継服すること5剤で,患者は異常なほど興奮して云うには,已に射精が一回あったと。
原方に元参30,麦冬12を加えて,継服7剤とし、善后をはかる。(河南中医1990.<5>:12)
按語:心腎不交とは,離火が存しても,坎水がこれに応じないので,交っても射精をしないのである。
それで心煩不寐や,舌紅脈細数を呈する。
治は中焦にあり,交泰陰陽の特法なり。
水火不済の証が,交心腎法※で効かなければ,脾土が順接していないからである。
甘草瀉心湯で厚土健中すれば,升水降火となり,坎離は相い交わり,水火既済となり愈える。
 傷寒名医験案精選 より
※水火不済の原因が腎水不足にあれば、大補陰丸《丹渓心法》や大補元煎《景岳全書》が使われ、これらの処方に含まれる黄柏・知母・地黄が腎火を消す。しかし原因が中焦不順接のためなら治療は中焦から始めなければならない。

|

« 5年頑固偏頭痛 | Main | 益気聡明湯と認知症 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

いつも勉強の為に拝見してます。
臨床で肝の問題で心腎が切り離されて不交になっている方がちらほらみえますが、脾胃からも来るのですね。勉強になりました。

Posted by: 鍼灸師 | 2018.12.18 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不射精:

« 5年頑固偏頭痛 | Main | 益気聡明湯と認知症 »