« 中医学実践の理論 4.飧泄 | Main | 胃脘痞痛(急性胃炎)一小柴胡湯 »

中医学実践の理論 5.瀉泄

瀉泄とは,脾湿肝鬱に因り,二腸が下陥してなる。
【脈証機理】
穀が胃に入ると,脾陽が消磨し,精華は五臓に帰す,是れが気血となり,糟粕は大腸に伝わり,大便となる。
水が胃に入ると,脾陽が蒸騰し,霧気に化し,上って肺に帰す,肺気は降洒するものだが,其の清なるものは津液と化し,四肢百骸を濡潤する,其の濁なるものは膀胱に注ぎ,溲溺となる。
糟粕は大腸に貯り,水液は膀胱に滲し,盛満の時には,肝木が疏泄の令を行うと,便溺となる,溺が閉癃にならず,便が滑泄にならなければ,瀉泄にはならない。
瀉泄 へ続く
【按語】
瀉泄とは后世の病名である,先秦以前には,“泄”と統称され,漢、唐の際には“下痢”と称された,急慢性胃腸炎、消化不良等を包括し,腹瀉を主症とする疾患である。
瀉泄の多くは脾腎湿寒に因り,肝木鬱陥する,故に温燥水土、疏肝升陥を主治療とする。
若し大腸が寒滑不収となれば,“桃花湯”を用いて,中下を温暖し、渋腸固脱して治す。
若し肝鬱化熱により生風すれば,脾腎はなお湿寒に属するから,之を厥陰下痢と謂い,“烏梅湯”を用いて,水土を温燥し、潤肝息風して治す。
若し外感風寒で,太陽少陽合病の下痢で,中下は寒せず,但だ上に熱があれば,之を少陽下痢と謂い,“黄芩湯”を用いて,平胆泄熱して治す。
凡そ瀉泄しても温燥を受けていなければ,皆少陽、厥陰下痢の類である。
急性胃腸炎で,上熱が重くて嘔吐を兼ねれば,“黄芩加半夏生姜湯”を用いて治す;嘔吐が重ければ,鮮生姜煎湯を用いて“藿香正気丸”を送服して治す。
盛夏に冷水を貪飲したり,飲食が不潔だったりして,夜熱毛蒸となり,虚汗が出て,腹脹泄痢,完穀不化を兼ねれば,腹内に寒積があると診断される;巴豆両枚を,焙黄して,霜を取りて口服してもよい,寒積を蕩滌し,寒積が去れば痢は自ら止む。

|

« 中医学実践の理論 4.飧泄 | Main | 胃脘痞痛(急性胃炎)一小柴胡湯 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中医学実践の理論 5.瀉泄:

« 中医学実践の理論 4.飧泄 | Main | 胃脘痞痛(急性胃炎)一小柴胡湯 »