« December 2018 | Main | February 2019 »

瘀熱による不眠

『中医臨床』v33-3(2012年9月) 丁元慶 治験報告No.13
患者:女性,35歳。
初診日:2010年6月15日
主訴:半年前から明確な原因もなく不眠。イライラして怒りっぽく,気力・体力ともにやや劣っており,疲れやすい。食欲普通,便は粘り気があって形にならず,1日1回。6年前に薬物による妊娠中絶を行って以来月経先期となり,経血の色が黒っぽく,量が少なく,血塊があって,顔色が黄色っぽく艷はなく,肝斑が増加している。

Continue reading "瘀熱による不眠"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上肢の痺れ

腕神経叢の病変
『中医臨床』v33-2(2012年6月) 丁元慶 治験報告No.12
患者:女性,48歳。
初診日:2008年9月17日
主訴:20日前から左の上肢が痺れて,首が痛む。特に人差し指・中指・薬指の痺れがひどい。口が乾いて汗がよく出ます。

Continue reading "上肢の痺れ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痰鬱による心神損傷

『中医臨床』v33-1(2012年3月) 丁元慶 治験報告No.11
患者:女性,56歳
初診日:2007年12月5日
主訴:不眠になり10年余り。
13年前に子どもを交通事故で失い,生きる力をなくすほどの悲しみを味わった。その後勤務先が倒産し,2年前に退職した。さらに1年前には夫が病死してしまい,その頃からうつ状態に陥り,生きる希望も失くして,悲しみで涙を流すことが多くなって,一晩中眠れないことが增えた。食欲不振で便通も悪い。身体は瘦せ細っている。

Continue reading "痰鬱による心神損傷"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一酸化炭素中毒性脳症

『中医臨床』v32-4(2011年12月) 丁元慶 治験報告No.10
患者:男性,63歳。
初診日時:2009年12月23日
1力月前にガス中毒になりました。当時は意識を失くしてしまい,地元の医院で救急治療を受け,治療後は徐々に意識が回復してきました。でも1週間後に知力が顕著に低下してしまい,行動がおかしくなり始めました。

Continue reading "一酸化炭素中毒性脳症"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痰熱による不眠

『中医臨床』v32-3(2011年9月) 丁元慶 治験報告No.9
患者:男性,36歳。背が高く恰幅もよく,顔面には痤瘡がみられることから,痰熱体質であることが考えられる。
初診日:2009年3月6日
主訴:半年前から寝つきが悪く,よく夢を見ます。いったん眠ってしまうと簡単には目が覚めませんし,いびきをかいて呼吸が止まることがあります。記憶力も低下している。口の周囲・鼻の先端,鼻翼部・頸部後方に痤瘡が発生しゃすく,ときに右下腹部にシクシクとした隠痛が現れ,便通は1日2回,便は形にならず,便が便器につきやすい。尿は正常だが,口苦,口臭がある。

Continue reading "痰熱による不眠"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心経の鬱熱による不寐

『中医臨床』v32-2(2011年6月) 丁元慶 治験報告No.8
患者:女性,40歳
初診日:2008年3月19日
主訴:寝つきが悪くなって3年余り。寒がりで,ときどき口渴がある。ときに胃痛が現れ,便は形にならない。

Continue reading "心経の鬱熱による不寐"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外傷性延髄損傷

『中医臨床』v32-1(2011年3月) 丁元慶 治験報告No.7
患者:男性,39歳。
初診曰:2008年5月14日
2008年4月10,出張先でベッドから起き上がったときに,めまいを起こして転倒した。転倒後しばらくは意識が朦朧としており,約2時間後に自然に意識を取り戻した。意識を取り戾してから,上肢がうまく動かない・言葉がはっきりしない・嚥下障害・舌を伸ばせないなどの症状が現れたため,検査入院をし,外傷性延髄損傷と診断された。

Continue reading "外傷性延髄損傷"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多発性末梢神経障害 しびれ

『中医臨床』v31-4(2010年12月) 丁元慶 治験報告No.6
患者:女性,52歳。
初診日:2008年4月30曰
7力月ほど前から手足が痺れて,ときには痛みもあります。左手と左足が特に顕著で,痺れは冷えたときや夜寝ているときに少しひどくなります。手足がむくんだ感じがして,熱感もあります。頸椎症と診断されてから20年以上になる。

Continue reading "多発性末梢神経障害 しびれ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

膀胱咳

『中医臨床』v31-3(2010年9月) 丁元慶 治験報告No.5
女性,53歳。
初診日:2008年12月4日 半月前にカゼを引き,鼻づまり・咳・痰・のどの痛みなどが現れた。
睡眠中にのどがむず痒いような感覚があり,口が乾いて,その後咳が出ます。痰は黄色で量は多くなく,吐き出しやすい。

Continue reading "膀胱咳"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雷頭風,側頭動脈炎性失明

『中医臨床』v31-2(2010年6月) 丁元慶 治験報告No.4
患者:女性,53歳。
初診日:2004年11月10日
最初は側頭部と太陽穴のあたりに拍動性の頭痛が現れ,痛みが激しく熱をもったような感覚がありました。7日後になってはじめて右目の視力が落ちていることに気付き,そのうち光も感じられなくなって,最後にはまったく見えなくなりました。

Continue reading "雷頭風,側頭動脈炎性失明"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルコール性神経障害

『中医臨床』v31-1(2010年3月) 丁元慶老中医による治験報告No.3
患者:男性,43歳。
初診日:2001年5月9日
主訴:1力月ほど前から四肢に力が入らない,歩行が困難で安定しない,声がかすれるなどの症状が徐々に現れてきた。

Continue reading "アルコール性神経障害"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

淋証(尿道症候群)

『中医臨床』v30-1(2009年3月) 丁元慶老中医による治験報告No.2
女性,45歳
初診:2006年7月28日
10年ほど前の夏に出張をして,長距離を車で移動しました。そのときは猛烈な暑さで,ずっと多量の汗をかいていました。それにあまり何度もトイレに行くことができませんでした。

Continue reading "淋証(尿道症候群)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痿証(重症筋無力症)

『中医臨床』v29-4(2008年12月) 丁元慶老中医による治験報告No.1
痿証(結節性甲状腺を合併した重症筋無力症)

Continue reading "痿証(重症筋無力症)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »