« 膀胱咳 | Main | 外傷性延髄損傷 »

多発性末梢神経障害 しびれ

『中医臨床』v31-4(2010年12月) 丁元慶 治験報告No.6
患者:女性,52歳。
初診日:2008年4月30曰
7力月ほど前から手足が痺れて,ときには痛みもあります。左手と左足が特に顕著で,痺れは冷えたときや夜寝ているときに少しひどくなります。手足がむくんだ感じがして,熱感もあります。頸椎症と診断されてから20年以上になる。
【中医学的診断】麻木(気陰虧虚・営衛失和)
【西洋医学的診断】多発性末梢神経障害(?)
【治法】益気養血,滋陰和営,通経活絡,清熱祛風
【処方】当帰補血湯加減(生黄耆30 当帰・丹参15 葛根・忍冬藤・金銀花30 桂枝9 桑葉24 淫羊藿15 黄柏12 豨簽草30 天麻15) 12剤。
諸薬を土鍋に入れ,水道水1Lを注いで1時間浸ける。2回煎じて薬液が合計500mlになるようにし,2回に分けて温めてから服用する。
四虫片(山東中医薬大学)(地竜,蜈蚣,全蠍,土鱉虫)を1回5錠,1日3回服用。
第2診(5月21曰)
手足の熱感はあるが痺れ疼痛が軽減した。横になると手足の痺れが悪化する。睡眠は改善され,寝付きがよく眠りも深くなった。便は軟らかくなつた。桑葉30に増加+黒芝麻30
第3診(6月4曰)
患者の手足の痺れ・疼痛は手指の関節部分であり熱感を伴う。
+石斛・酸棗仁・夜交藤(滋陰生津・養血活絡),+桑枝・烏梢蛇・連翹(通経脈・通関節)14剤。
第4診(6月18曰)
指先に近い関節部分や,踵・足指がだるく痛む。+防風12
第5診(7月2曰)
痺れは軽減して灼熱感も顕著ではなくなった。+牛膝18,穿山甲9
第6診(7月23曰)
営陰虧虚の象であるため-桑枝・酸棗仁・夜交藤・防風,+枸杞子18,麦門冬30,桂枝9。連翹を30に増加,十二経の血凝・気滞を通じさせる。
第7診(8月13曰)
まだ軽度の疼痛を感じる。当帰を重用して30に,さらに蜂房20を加え,通絡捜風を行う。
第8診(9月3曰)
第9診(9月24曰)痺れ・膨張感は肝腎不足から筋脈不栄となったものである。
-黄柏,+淫羊藿18,千年健30,補腎壮骨,栄筋通絡を行う。
第10診(10月22曰)
現在は左手中指の末端が痛むだけで,両手の痺れが軽減し,两側の足裏や足指関節の灼熱痛,痺れも消失した。
【筆者体得】本例は黄耆との「薬対」に特徴がある処方となっている。
黄耆と金銀花の組み合わせは,益気養陰,活血通脈の作用をもたせることができる。
黄耆と石斛を併用すると,益血・除熱の作用が現れ,脚膝疼冷痹弱を治療する効果が期待できる。
天麻は肝経に入り,黄耆との配合により肝気生発の気をのびやかにさせて,実衛助陽を行って風を治療する。
※痺れは営衛失和で、痛みは気血凝滞である。また手足の灼熱感は熱結陰傷である。全てに対応するように黄耆との薬対に工夫が凝らされている。

|

« 膀胱咳 | Main | 外傷性延髄損傷 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多発性末梢神経障害 しびれ:

« 膀胱咳 | Main | 外傷性延髄損傷 »