« 痰熱による不眠 | Main | 痰鬱による心神損傷 »

一酸化炭素中毒性脳症

『中医臨床』v32-4(2011年12月) 丁元慶 治験報告No.10
患者:男性,63歳。
初診日時:2009年12月23日
1力月前にガス中毒になりました。当時は意識を失くしてしまい,地元の医院で救急治療を受け,治療後は徐々に意識が回復してきました。でも1週間後に知力が顕著に低下してしまい,行動がおかしくなり始めました。
舌診:舌質暗紅,苔黄膩
【中医診断】痴呆
【西洋医学的診断】一酸化炭素中毒による脳症
【弁証】毒損脳髄,痰熱蒙竅
一酸化炭素は火熱の毒邪に属し,発病が速く痰や瘀を発生しやすく,清竅を塞ぎ,陰液を損傷して,陽気を擾動し,神明を搔き乱して,知力にまでその影響を及ぼしやすい。
【処方】菖蒲鬱金湯加减
鬱金24 黄連10 菖蒲20 遠志9 天竺黄20 懐牛膝15 沢瀉18 夏枯草15 麦門冬・丹参30 羌・独活6 陳皮12, 7剤
第2診(12月30曰)
痰熱壅盛,清竅迷閉という状態であり,強力な薬剤でなければ治療することができない。
前回処方-独活+人工牛黄粉2(冲服),珍珠粉3(冲服),7剤
第3診(2010年1月6曰)
嗜眠が緩和されたのは,神機が回復に向かっている証拠である。清竅が徐々に開こうとしている可能性がある。しかし舌苔に変化がみられない。尿失禁が現れた。
前回処方-沢瀉+益智仁15,桂枝6 14剤
第4診(1月20曰)
罹病期間が長くなると,正気を傷つける恐れがあるため,麦門冬を加えて養陰清心を,茯苓を加えて化痰安神をはかる。
前回処方-桂枝+麦門冬30,茯苓15 28剤
第5診(2月24曰)
効果が現れているため処方は変更せず,清熱化痰,開竅醒神の治法を継続し,さらに益智寧神の薬剤を増加する。
前回処方の茯苓を30に変更し+桔梗12 28剤
第6診(3月24曰)
神機は徐々に回復しているものの,舌脈の所見から,痰熱がいまだ尽きていない。正気虧虚・肝腎不足・髄海不充のため清熱化痰・開竅醒神を継続すると同時に,肝腎の精気の虧虚を補い,滋塡脳髄を行わなければならない。
金水六君煎加減を丸剤とする。
鬱金120,遠志60,石菖蒲120,沢瀉90,丹参100,枸杞子120,石斛90,羌・独活30,牛膝120,当帰90,熟地黄120,天麻150,益智仁90
【筆者体得】
一酸化炭素中毒の遅発性脳症は年齢が高いほど発病率も高く,10歳以下の児童にはほとんど発症していない。
COは外来の邪気であり,性質は火・熱に属し,火熱の毒気であると考えている。火熱の毒邪は上部に昇りやすいために脳に入り,神明を擾わす。火熱の毒邪が陰液を消耗させ,陰虧により風が動いて,筋肉の蠕動や肢体の硬直ひきつりが現れる。陰竭陽脱となり,神明が損なわれる。火熱の毒邪は陽気をむやみに動かして興奮させ,陽気を消耗し気脱陽亡となる。疾患の期間が長引くと,肝腎の陰精が不足して,気虚血瘀となる。
 ※牛黄粉は脳の開竅のために使われている。

|

« 痰熱による不眠 | Main | 痰鬱による心神損傷 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一酸化炭素中毒性脳症:

« 痰熱による不眠 | Main | 痰鬱による心神損傷 »