« 耳鳴り | Main | 鬱『医学天正記』5 »

月経期頭痛2

『中医臨床』v35-4(2014年12月) 丁元慶 治験報告No.22
益陰養血,平肝熄風による陰虚肝旺の片頭痛治療
患者:女性,34歳,既婚,子供1人。
初診日:2010年11月9日
ここ2年、ひと月に1回、生理の前に両側のこめかみが脈打つように痛くなる。悪心・嘔吐は伴わない。
仕事上のプレッシャーは大きく,イライラしやすい(陽気旺盛)。
眠りが浅く,よく夢を見,目を覚ましやすい。
生理の周期は規則正しく、腹痛はない,出血の量がやや少なくて,血の塊がある。
舌診:舌質暗で尖端部が特に赤い。舌苔薄黄でやや膩
脈診:弦細
【中医診断】片頭痛
【弁証】陰血虧虚・肝失所養・陽旺生風・上擾清空
【西洋医学的診断】片頭痛
【治法】益陰養血・平肝抑陽・熄風活絡
【処方】玄参天麻湯(筆者創製方)加減(玄参・天麻18 全当帰15 酸棗仁30 製何首鳥・懐牛膝・白僵蚕・杭菊花15 蟬退18 炙甘草9 枸杞子20・女貞子20) 7剤
第2診(11月16曰)
口が乾燥し口臭がして,大きな音がすると耳の中に刺激を感じる。
口乾は陰虚不潤のためであり,口臭は肝胃不和で胃濁が上逆したものである。珍珠母を加えて平肝鎮静を行い,牛蒡子を加えて辛涼疏肝・和胃潤腸を行う。
前回処方+珍珠母24 牛蒡子12 7剤
第3診(11月30曰)
口臭はしなくなったが,口は乾燥する。香附子,旋覆花を加えて疏肝柔肝,通絡止痛を行い,側柏葉で清熱涼血を行い,金(肺)を制して木(肝)を平らかにする。
前回処方-珍珠母,牛蒡子,+旋覆花・香附子・側柏葉15 7剤
第4診(12月14日)
4日前からカゼを引き,のどが乾燥して痛い。患者はもともと陰血不足であり,外邪を受けやすい体質である。
治療は疏風清熱・益陰降火・利咽止痛を行う。
【処方1】桑菊飲加減(桑葉15 菊花18 桔梗12 玄参15 生甘草9 射干・牛蒡子・天花粉15), 4剤
【処方2】前回処方で水丸剤を作り,治療効果を強固にする。
【筆者体得】
月経期の片頭痛はおもに血虚陽旺による。
『臨証指南医案』では「内風とは身体のなかの陽気の変動である」と記している。陰血不足は最も肝気疏泄の異常をまねきやすいため,必ず養血益陰に疏達肝気を兼ねなければならない。しかし疏肝に常用される柴胡・香附子・烏薬は適当ではなく,辛涼疏散の菊花・桑葉・薄荷・玫瑰花が常用され,これらは疏肝の作用はあるが昇発の力が過度にならないため,内風を起こすことはない。
辛涼の薬材は,平肝通絡の作用があるだけでなく,清利頭目の作用もある。
肝経の風陽が上部に上って絡竅をわずらわせると,絡脈が急激に絀急〔ひきつって正常に働かなくなる〕するために頭痛が発生する。通絡には,蟬退・僵蚕・地竜・蜈蚣など虫類の薬材が常用される。
玄参は上部では清熱・疏風・瀉火を行い,下部では滋陰・潤燥・降火を行うことができて,さらに解毒・軟堅・散結の作用もある。
玄参・当帰・天麻の3味がともに君薬となっているが,この3味を配合すると益陰養血・平肝抑陽・柔肝通絡の作用が得られる。
蚕は桑の葉を食ベて成長するため,桑葉の涼散走泄・清粛順降の性質を得て,行散・走竄・散風熱・清頭目・利肝気・鎮肝風を得意とする。
蟬退は疏散風熱・透疹止痒・利咽・退翳明目・祛風止痙の作用がある。『本草経疏』には「は水土の余気を受け,羽化して形を成す。また飛んだり鳴いたりすることで風露の清気を得るために,肝に入り,祛風散熱を行うことができる」と記されており,風熱上擾・肝経風熱・風陽動越の要薬である。

|

« 耳鳴り | Main | 鬱『医学天正記』5 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 月経期頭痛2:

« 耳鳴り | Main | 鬱『医学天正記』5 »